ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消する方法

「お腹周りが気になって腹筋運動を始めけど効果が出ない」…そんな人は、腹筋インナーマッスルを鍛えるのが正解。腹筋運動でお腹がへこむというのは大きな誤解です。原因は内臓下垂にあります。腹筋のインナーマッスルを強化して、内臓下垂を解消する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消

腹筋インナーマッスルの筋力低下

お腹周りが太くなる原因は「内臓下垂」にあります。じつは、ウエストに肉が付いているように感じるのは、手でつかめる脂肪が問題ではなく、内側にある内臓の状態がすべての原因です。これでは腹筋運動をしてもお腹周りのシェイプアップ効果が出ません。

内臓下垂とは腹筋のインナーマッスルが筋力低下して、胃や腸が本来あるべきお腹の中心から、骨盤のところまで落ちてしまっている状態のことです。内臓下垂によってお腹の臓器が全体的に下に寄ってしまうため、ウエストのあたりが太くなるわけです。

つまり、お腹周りが太くなってしまうのは、体の中心部分が太くなってしまったことが原因。全体的に下がってしまった臓器群によって、脂肪が余計に付いたように錯覚してしまうのです。

腹筋インナーマッスルを鍛える

腹筋インナーマッスルで内臓下垂解消

内臓下垂によるウエストの増加は、タイヤにたとえるならタイヤの外側のゴム部分が太くなったのではなく、ホイール部分が太くなってしまったようなもの。それを外側のゴムを細くする運動をしても、タイヤ全体の太さは細くなりません。

そして、内臓下垂を解消するのに必要なのが腹筋インナーマッスル。加齢とともに衰えてしまった腹筋インナーマッスルを強化することで、下がってしまった臓器群を正しい位置に戻すことができます。

腹筋インナーマッスルの強化こそが、お腹周りのシェイプアップを成功させるカギなのです。腹筋運動だけではお腹周りのシェイプアップができない理由がここにあります。腹筋運動だけでウエストがどんどん細くなるという都合のいい現象はおきません。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!

■「内臓下垂」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事