ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

胃下垂は太らないという通説は大きな誤解だった

「胃下垂は太らない」とよくいわれます。たしかに、胃下垂だという人には痩せている人が多い印象があります。しかし、胃下垂は太らないという通説は大きな誤解です。胃下垂がおこるメカニズムを紹介するとともに、胃下垂は太らないといわれるようになった理由も見ていきましょう。



胃下垂は太らないという通説は大きな誤解だった

胃下垂は太らないのではなかった

胃下垂とは、胃が正常な位置より下がった場所にあることです。胃下垂のおもな原因はインナーマッスルの筋力低下にあります。じつは、胃を正しい位置に保持するのは腹筋のインナーマッスルの役目です。

腹筋のインナーマッスルである腹横筋は、お腹をコルセットのように包んでいる筋肉。骨格が背骨しか存在しない腹部を支えるとともに、内臓を正しい位置に保持する役割があります。

腹横筋の筋力が低下すると胃が下垂してしまうのです。とくに痩せている女性は、筋力が弱い傾向にあるため胃下垂になりがち。すなわち、胃下垂は太らないのではなく、痩せている人に胃下垂が多いということなのです。

胃下垂は太らないより太る要素

詰まるところ、胃下垂は太らないというのは大きな誤解。むしろ腹横筋の筋力低下で胃下垂になるとほかの内臓も下垂するため、ぽっこりお腹の原因となります。下垂した内臓が骨盤に溜まった状態になるからです。

さらには、胃下垂は便秘を誘発するのにも注意が必要でしょう。腹部を横断する横行結腸まで垂れさがった胃が達すると、大腸が圧迫されて便秘になるからです。胃下垂は太らないというより、太る要素が満載なのでした。

胃下垂は太らないなどといって、自然にダイエットできると思い込むのは危険。胃下垂は体に悪いことだらけです。なるべく長い時間よい姿勢をとるようにして腹横筋を強化して、胃下垂を予防するようにしましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事