ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

膝痛ストレッチは腰痛の予防・改善に効果がある

膝の裏側をよく伸ばす膝裏ストレッチは、腰痛の予防・改善に効果があります。腰痛に膝裏と聞くとやや唐突な感がありますが、じつは腰痛持ちの人の多くは膝裏が硬くなっています。膝裏がしっかり伸びないと腰まわりの筋肉に歪みが発生。腰痛となうわけです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
膝痛ストレッチは腰痛の予防・改善に効果がある

膝裏ストレッチで腰痛を予防・改善

ある日、突然襲ってくる腰の痛み。重い鈍痛や刺すような激痛などさまざまありますが、その痛みは老若男女問わず、いつ誰にでもおこりえます。そんなつらい腰痛を予防・改善できるのが「膝裏ストレッチ」です。

腰痛は日本人のおよそ8割が一生に一度は経験するともいわれる、いわば国民病です。腰痛がある人の割合は30代から増加しており、けっして高齢者だけに出るものとはいえません。

そんな腰痛の予防・改善に膝裏ストレッチが効果的。じつは、腰痛を持つ人の多くは膝裏が硬いといいます。じつは上半身の姿勢は、膝裏の曲がりと非常に関係があるのです。

膝裏ストレッチで姿勢がよくなる

膝裏は運動不足や加齢によって、どんどん硬くなって伸びなくなる部位。膝裏がしっかり伸びなくなると、上半身の土台となっている太もも裏の筋肉も委縮して、力が入らなくなります。

すると、腰のまわりの筋肉にゆがみが発生。上半身を正しく支えきれなくなってしまいます。これらが重なっていくと、姿勢が悪くなってしまうのです。そして、この姿勢の悪さが腰への負担となり、腰痛へとつながっていきます。

そこで、腰痛の予防・改善に大切なのが、膝裏を伸ばして柔らかくするストレッチ。実際に膝裏を曲げた状態と伸ばした状態を比べてみると、劇的に姿勢がよくなることがわかるはずです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事