ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

変形性膝関節症と思ってたら意外な方法で治った

じつは変形性膝関節症と診断されている人の中には、意外な原因で痛みが発生している場合があります。痛みの原因とは膝のコリです。そして、膝のコリを解消するのが「お皿のストレッチ」なのでした。『ためしてガッテン』の「撲滅!しつこいひざ痛」で紹介されていました。



スポンサーリンク
変形性膝関節症と思ってたら意外な方法で治った

変形性膝関節症に悩まされてきた女性

東京都にする66歳の女性は、長年にわたって変形性膝関節症に悩まされてきました。10年前、急に左膝に痛みを感じるようになったのです。強烈な痛みのために階段を上がれず、自動昇降機を導入することになったほどでした。

そこで診断されたのが変形性膝関節症。自宅でできる運動療法を勧められました。女性はいわれたとおり、ひざ周りの筋トレを始めましたが、痛みは残ったまま。たまらずほかの病院で診察してもらうことにします。

そこで医師から、変形性膝関節症ではなく、ほかに原因があると告げられたのです。そこで教えられたのが、お皿のストレッチ。女性がストレッチし続けると、ひざの痛みがスッキリ解消。急な階段もスイスイ上れて、ひざも軽々と上がるようになったのです。

変形性膝関節症ではなくコリが原因

私たちのひざには、動作によって体重の3~7倍の重さがかかっています。それを受け止めているのが、お皿のまわりにある筋肉やじん帯。ものすごいストレスにさらされているため、血行が悪くなりやすくコリやすいのです。

女性の膝の痛みは、変形性膝関節症ではなくこの膝のコリが痛みの原因だったといわけ。膝のコリを解消するには、お皿のストレッチが効果的。さっそくそのやり方を紹介しましょう。

床に座って足を伸ばして力を抜くと、お皿が動くようになります。この状態で、上下左右と斜めの8方向に5秒ずつお皿を押すのです。もし痛い場所があったら、その方向を重点的に行います。1回3分くらいを目安に、朝晩2回行ってください。

■「変形性膝関節症」おすすめ記事
変形性膝関節症に治療にまた走れる手術がある

■「膝」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ
膝の痛みの原因は足のスライド運動で解消する!!
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
ひざ痛が解消!驚きの「足のスライド運動」
ひざ痛はコリが原因「お皿のストレッチ」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事