ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

転倒予防の動的ストレッチで柔軟性が大幅アップ

転倒の危険性が高い人を見つけるテストが「2ステップテスト」。なんと転倒予防の動的ストレッチを2週間ほど行っただけで、このテスト結果が大幅改善しました。さっそく、そのストレッチのやり方を詳しく紹介します。2月18日放送『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
転倒予防の動的ストレッチ

転倒予防ストレッチで柔軟性アップ

大きく2歩、歩くことで下半身の柔軟性がチェックできる2ステップテスト。目安は2歩の歩幅が、身長の1.25倍。身長160cmの人ならば200cm、つまり2mとなります。それ未満だと、転倒の危険が高いと判定できます。

身長150cmという83歳の女性の場合、2ステップテストは188cm以上が目安。しかし、実際にテストしてみると182cm。危険ゾーンに入っていました。実際、この女性は数年前からつまずくことが増えてきたといいます。

この女性に転倒予防の動的ストレッチを実践。毎日、左右10回ずつ行いました。そして2週間後、再び2ステップテストを実施したのです。すると、測定結果は209cm。一気に27cmも伸びたのです。本人ももものあたりに筋肉がついた印象があるとか。踏ん張りが効くようになったといいます。

転倒予防の動的ストレッチのやり方

さっそく転倒予防の動的ストレッチのやり方を紹介しましょう。まずは壁やイスなどの脇に立ってください。イスや壁に手を添えて、体をしっかり支えます。

この姿勢から、イスや壁とは反対側の足をももから軽く揚げるのです。1回目はももと床が並行になるくらい、2回目はもうちょっと上までと、だんだん動かす範囲を広げていきます。

4回目くらいで一番高くなったらそのまま継続。そして、リズムに乗ってきたら、足を後ろまで引いて振り子のように動かし始めるのです。

しっかり動かせていれば、上げている足の付け根も効いてきますし、支えている足の付け根も効いてきます。この動きを左右で10回ずつ、1日1回行ってください。柔軟性がアップするだけでなく筋力もアップ。踏ん張りが効くようになって、転倒予防につながるのです。

■「転倒防止」おすすめ記事
転倒防止に大切な「目・耳・足の裏」センサー
高齢者向け「動体視力の鍛え方」で転倒防止
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止
転倒防止に効く!体センサーの鍛え方と食生活

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事