ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

顔のむくみ解消エクササイズの効果を検証した

顔のむくみ解消エクササイズが「ウンパニ体操」です。その名のとおり「ウンパニ」と話しながら表情筋を動かすエクササイズ。ウンパニそれぞれに表情を加えることによって、日常で使いにくい筋肉を鍛えることができます。『その原因、Xにあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
顔のむくみ解消エクササイズの効果を検証した

顔のむくみを解消するウンパニ体操

顔のむくみを解消するウンパニ体操は、まず両頬に手を添えます。そして、口をとがらせるようにして「ウー」と話します。続いて顔を中央に寄せるイメージで「ンー」、そして驚いた表情で「パッ」と発音。顔の緊張を一気に解放します。

最後は、頬を持ち上げるように「ニー」と離すのです。顔のむくみ解消には、これを20回1セットにして3セット繰り返します。1セットごとに5分ほど間隔を空けて、顔の筋肉を休ませながら行うのです。

顔のむくみ改解消クササイズがどれほど効果があるのか、31歳と33歳と66歳の女性の被験者に検証してもらいました。まずはホテルで就寝してもらった翌朝、3人とも顔がむくんで前日とはまっるっきり違う印象です。

彼女たちの顔のむくみを測るのが3D画像解析装置です。この装置で顔を撮影すると、瞬時に3D画像を作成します。これを顔のむくみ改善エクササイズの前後で撮影。3D画像を比較して、むくみがどれだけ減ったか比較します。

顔のむくみ解消エクササイズの効果

朝のむくんだ顔を撮影したのち、さっそく顔のむくみ解消エクササイズを行った顔と比較します。エクササイズ前の画像と重ねてみると、31歳の女性は左のまぶたの厚さが1.7ミリ減少。頬は2.1ミリ減っていました。実際の表情を見てみても、寝起きの顔と比べると目元がスッキリした印象です。

さらに体積は、顔のむくみ解消エクササイズをした1時間後でマイナス5.5ml、2時間後には12.9ml減りました。翌日、何もしなかった場合は1時間後はマイナス3ml前後、2時間後もマイナス3ml前後とほぼ変わっていませんでした。

このように、顔のむくみ解消エクササイズをしたほうが明らかに改善。ほかの2名のデータを合わせてみても、その効果は歴然です。当人たちも顔のむくみが早く解消したことを実感していました。

■「顔のむくみ解消」おすすめ記事
顔のむくみ解消にはアボガドを食べるとよい理由
顔のむくみが取れにくい原因は日本語にあった
顔のむくみをとる簡単リンパマッサージのやり方
合谷(ごうこく)は顔のむくみ解消にも効果アリ

■「むくみ解消」おすすめ記事
足のむくみ解消なら半身浴でなく40度の全身浴
足のむくみ解消にはローファーが効果的だった
むくみ解消の食べ物対決「おかひじきvs.バナナ」

■「むくみ」おすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
ふくらはぎのむくみに重大な病気が隠れている

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事