ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

8時間ダイエットは食べ物に執着の強い人向き

無理なく長続きできる8時間ダイエットは、1日の食事を8時間の間に済ませるだけ。お金もかからず、誰でもすぐに始められるダイエット法です。ダイエットの最大のストレスは食べられないこと。ストレスフリーのダイエット法です。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
8時間ダイエットは食べ物に執着の強い人向き

8時間ダイエットは毎日プチ断食

8時間ダイエットは、言い方を変えれば16時間のプチ断食を毎日するということ。その代わり、断食の時間以外は何を食べてもよいというわけです。食べ物に対する執着の強い人ほど、我慢しやすいダイエット法になります。

たとえば、ダイエットのためにおにぎりが絶対にダメだといわれても、お米が大好きだから…という人には最適。そのぶん無理をしないから、長期間続けられるわけです。

また、漢方では腸が体の健康の源と考えます。好き勝手に食事していると、いつも何かものが入った状態となってしまい、腸が休む時間がありません。腸は筋肉からできていますから、筋肉が疲弊してしまいます。

8時間ダイエットがもっとも効果的

その意味で、8時間ダイエットは16時間は腸をしっかり休めるということ。そのぶん、腸に回復力や持続力が出てくるわけです。

考え方としては、多くの人は寝ている間はものを食べていませんから、8時間は断食をしているということ。8時間の断食で現状維持ということになります。その断食時間をいまより伸ばしてあげれば、痩せられるというわけです。

実際、朝8時に朝食をとって夕食が午後9時という場合、胃腸を休ませているのは11時間ということになります。これを始めのうちは12時間や14時間と、少しずつ伸ばすだけでも効果があるのです。

そして、最終的には16時間になればOK。「8:16」の8時間ダイエットがもっとも効果的であるということが、研究機関の実験で明らかになっているのです。

■「8時間ダイエット」おすすめ記事
8時間ダイエットの効果は食べない16時間にある
朝食抜きは8時間ダイエットと同じ効果がある
8時間以上の空腹が「便秘」を解消する秘訣

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事