ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹横筋の筋トレはまず意識することから始める

ウエストには何層にも筋肉が重なるように配置されています。腹筋というと、一般的にはシックスパックとも呼ばれる表層の筋肉をイメージしがち。しかし、ウエスト引き締めに活躍するのはインナーマッスル。なかでも腹横筋を筋トレすることでウエストは引き締めることができるのです。



スポンサーリンク
腹横筋の筋トレはまず意識することから始める

腹横筋は腹筋のインナーマッスル

腹横筋は腹筋の最下層にあるインナーマッスルです。胴体部分をぐるりと囲む、コルセットのような形状。腹腔内の圧力を高める働きがあるため、ウエストを引き締めるにはとくに重要な筋肉です。

ただし、腹横筋は体の奥にあるだけでなく、身体運動とは直接関係しない筋肉であるため、使っている感覚がわかりづらい筋肉。まずは腹横筋を意識することが大切です。

そこで、腹横筋を筋トレしてウエストを引き締めるために、まずは腹横筋を意識する方法を紹介しましょう。筋トレは筋肉を意識することで効果は倍増するもの。腹横筋の筋トレも例外ではありません。

腹横筋の筋トレでウエスト引き締め

腹横筋を意識する方法は、仰向けになってひざを立てます。そして、手の平で床を押して、おへそに向かって息を吐きながら、お腹をへこませてください。

次に手の平を上に向け、足の力を抜いてひざと股関節を開いてリラックス。この腹横筋を締めた状態と緩めた状態を感じることで、腹横筋を意識することができるのです。

腹横筋が意識できればウエストの引き締めは難しくありません。腹横筋はふだんから力を入れることで、筋トレ効果が現れます。腹横筋を筋トレすれば自然とウエストが引き締めることができるでしょう。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事