ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

花粉症予防に1日100mlのれんこんエキスが効く

れんこんにアレルギーを抑制する効果が見つかったことが発表されました。れんこんが著しくアレルギー抗体を抑えることが明らかになったのです。花粉症予防には1日100mlのれんこんエキスが効きます。『駆け込みドクター!』の「花粉症をやっつけろ!!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
花粉症予防に1日100mlのれんこんエキス

れんこんがアレルギーを抑える

今回の研究は、アレルギー抑制が高いといわれる6つの野菜「たまねぎ・れんこん・しそ・にんにく・ねぎ・にら」を比較したものです。6つの野菜の煮汁を花粉症のマウスに飲ませ、アレルギー抑制を比較しました。

すると、もっともアレルギーを抑えたのがれんこんだったのです。れんこんがアレルギーを抑えることができるのは、たくさんのポリフェノールを含んでいるため。アレルギーの症状をおこすアレルギー抗体IgEを、れんこんのポリフェノールが抑えるのです。

IgEは花粉などアレルギーをおこす物質が、体の中に入ると作られる抗体。このIgEが増えすぎると、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を引き起こすのです。

れんこんはダブル効果で花粉症予防

さらに、れんこんは切るとネバネバとした糸を引きますが、これは多糖体という成分からなるムチンといわれるもの。ムチンは鼻などの体中の粘膜の生成に使われるので、花粉を予防してくれるのです。

つまり、れんこんはポリフェノールで花粉症の症状を抑え、ムチンで花粉の侵入をブロック。れんこんはダブルの効果で花粉症予防に効果的なのです。研究では、花粉症の人に3か月間れんこんを摂取してもらったところ、およそ6割の人の症状が改善したといいます。

ただし、れんこんのポリフェノールは表皮から3mm前後に集中して存在。しかもポリフェノールは水溶性で、あく抜きなどで水に浸けておくと溶け出してしまいます。また、ポリフェノールとムチンの効果を十分に得るには、高温で加熱する揚げものは不向き。短時間で加熱することが大切です。


スポンサーリンク

花粉症予防におすすめの食べ方

そこで、花粉症予防におすすめれんこんの食べ方は、スープごと丸ごと摂取することです。軽く水洗いしたレンコンを輪切りにカット。浸るくらいの水にれんこんを入れて、中火でひと煮立ちします。

さらに弱火で5~8分ほど煮れば、ポリフェノールが凝縮したれんこんエキスの完成です。1日100mlを目安に飲めば、花粉症の予防効果が期待できます。

ちなみに、れんこんはハス科の植物。漢字では蓮根ですが、じつは根ではありません。地下に埋もれた茎が肥大化して節が連なったものです。日当たりのよい水中で育ち、酸素運搬のために穴が発達しました。旬は9月から1月ごろです。

■「花粉症」おすすめ記事
鼻水か鼻づまりかで使うべき花粉症の薬が違う件
鼻づまり解消ツボ「天迎香」で花粉症を撃退する
舌下免疫療法は花粉症の半数が完璧に治る治療法

■「鼻づまり」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
片方だけ鼻づまりは歯性上顎洞炎かもしれない
鼻茸(はなたけ)が原因の鼻づまりが急増中!
鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中
従来の治療法で治らない「蓄膿症」が増加中

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事