ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中

「こんな時期に花粉症?」「長引く風邪」と思っていたら、鼻ポリープが原因の新型鼻づまりだったという人が急増中です。鼻ポリープによる鼻づまりの症状に迫ります。『ためしてガッテン』の「鼻水に潜むまさかの現代病」で紹介されていました。



スポンサーリンク
鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中

鼻ポリープが原因の鼻づまりの症状

66歳の住む男性が半年前に悩まされた鼻づまりは、じつは鼻ポリープが原因でした。それは風邪をひいて2週間たったあと、なぜか鼻づまりだけがよくならないという症状から始まったのです。

鼻づまりは脱脂綿を鼻に詰めたような感じ。息ができずに口呼吸になってしまっていました。やがて日常生活でも、何をやっていても長続きせずに、中途半端で投げ出すことが多くなったのです。

鼻づまりは食事にまで悪影響を及ぼします。何を食べてもおいしいと感じなくなってしまったのです。また、一緒に暮らす奥さんが、いびきで隣で寝ていられない状態となり、寝る部屋を別々にする事態も発生しました。

鼻ポリープは直径5センチにもなる

念のため、男性は病院で精密検査を受けてみました。すると、鼻の中に信じられないものが見つかったのです。

なんと白くブヨブヨした握りこぶし大の物体が入っていました。じつは、これ「鼻ポリープ」というもの。別名「鼻茸」です。

鼻ポリープは、場合によっては直径5センチ大にもなることもあります。小さいものがブドウのようにたくさんできる人もいるとか。これが鼻の奥に入っているのです。この鼻ポリープの患者は、軽症の人も含みますが推定で100万人もいるのです。

■『ためしてガッテン』
【鼻水に潜むまさかの現代病】

鼻茸(はなたけ)が原因の鼻づまりが急増中!
鼻茸(はなたけ)を早期発見するなら醤油をかぐ
鼻ポリープを見分けるための典型的な症状とは?
長引く風邪は鼻茸(はなたけ)という病気かも
片方だけ鼻づまりは歯性上顎洞炎かもしれない
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」

■「鼻づまり」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!
蓄膿症=慢性副鼻腔炎!アレルギー性鼻炎も原因になる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事