ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ブラジル体操で柔軟性と筋力が本当にアップした

運動前の準備体操として静的ストレッチが知られています。しかし、静的ストレッチは柔軟性を高めるものの、筋力を弱めてしまうのです。そこで注目したいのが動的ストレッチ。いわゆるブラジル体操です。2月18日放送『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ブラジル体操で柔軟性と筋力がアップした

ブラジル体操は伝統的なストレッチ

ブラジルはいわずと知れた世界一のサッカー王国。そのブラジルサッカーでは以前から、新しいストレッチを行っています。あのネイマール選手も試合前には必ず行っているものです。

それが「アロンガメント・ジナミコ」。「ブラジル体操」としても知られる動的ストレッチと呼ばれるものです。

ブラジル体操とは負荷をかけずに、徐々に動かす範囲を広げていくストレッチ。ジーコやペレも行ってきた、伝統的なストレッチです。

ブラジル体操は関節を繰り返し動かす

従来までの静的ストレッチは、時間をかけて負荷を与えながら、筋肉自体を伸ばすもの。一方のブラジル体操は、可動範囲の8割程度で関節を繰り返し動かすものです。このブラジル体操によって、必要なときに筋肉がちゃんと伸びる状態を作ります。

実際に行った実験を見てみましょう。20~50代の男女に足を上げては下ろす動的ストレッチを2分間行ってもらい、柔軟性と筋力を測定してみました。

すると、柔軟性はストレッチ前に比べて平均で27%もアップ。さらに筋力は、垂直跳びのテストをしてところ、こちらも平均で20%以上もアップしたのです。

■「体操」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
ラジオ体操の効果で体のゆがみをリセットする

■「動的ストレッチ」おすすめ記事
転倒予防の動的ストレッチで柔軟性が大幅アップ
ひどい肩こりが2週間で解消した動的ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事