ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ひどい肩こりが2週間で解消した動的ストレッチ

10年来のひどい肩こりがわずか2週間で改善したストレッチを紹介しましょう。ポイントは従来までの静的ストレッチでなく、動的ストレッチを取り入れたこと。ひどい肩こりが解消したと動的ストレッチといっても、その動作は簡単です。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ひどい肩こりが2週間で解消した動的ストレッチ

ひどい肩こりを数値で計測する

東京都内に住む36歳の女性は、10年以上もひどい肩こりに悩まされてきました。ひどいときには痛みから偏頭痛になったり、耳がこもったりするほど。2人目の子どもができてから肩への負担が増え、肩こりが悪化したといいます。

どれくらい肩こりがひどいのかを専門家に調べてもらいました。筋肉の硬さを計測すると、数値は「71」。これは、手の甲と同じくらいの硬さだといいます。男性の肩こりでもせいぜい「60」くらいまで。それを大きく上回っていました。

肩の筋肉の血流量も調べてみると、その数値は「0.7ml」。平均よりもかなり少ない数値でした。数値上からもひどい肩こりであることがわかります。

ひどい肩こりに動的ストレッチ

女性のひどい肩こりを解消したのがストレッチです。ポイントは動的ストレッチを取り入れた最新版ということ。とはいえ、やったのは腕を肩の付け根から大きく回すことだけです。

ストレッチ後の血流量を測定すると、数値は「6.9ml」にアップ。なんと10倍にも増えてしまいました。本人も肩がポカポカして、少し軽くなった印象だといいます。

この動的ストレッチをひどい肩こりに毎日実践。2週間後には、肩が痛く手首が倒せないなどという状況がなくなったといいます。筋肉の硬さを測ってみると、数値は「39」までダウン。大幅に改善したいました。


スポンサーリンク

ひどい肩こりを解消するやり方

ひどい肩こりを解消する動的ストレッチのやり方です。まずは肩を回すストレッチから。右手の指先を右肩にくっ付けます。この状態から、上から前に肩を回すのです。ポイントは大きく回すことより、体を動かさずに肩だけを回すことを意識すること。10回でOKです。左肩も同様に回しましょう。

次の動的ストレッチは、両手を開いて顔の横あたりに持ってきて、小さなバンザイをしたら準備完了。この状態から両腕を頭上に伸ばして両手を重ねるのです。そして、また元の位置に戻します。

ポイントは下ろしたときに、クッと下に引くこと。このときひじが体の真横に来るように注意してください。痛くないくらいの範囲で10回繰り返します。肩や背中がポカポカしてくれば効果が出ている証拠です。

■「動的ストレッチ」おすすめ記事
転倒予防の動的ストレッチで柔軟性が大幅アップ
ブラジル体操で柔軟性と筋力が本当にアップした

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。