ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

仙腸関節が原因の腰痛はインナーマッスルで治す

腰痛の3大原因ともいわれるのが仙腸関節。しかも、ほとんどの仙腸関節が原因の腰痛は女性におこります。腰痛の原因は仙腸関節のズレ。これは腹部のインナーマッスルである腹横筋が弱っているためにおこるのです。仙腸関節が原因の腰痛はインナーマッスルの腹横筋を鍛えることで治せるのでした。



仙腸関節が原因の腰痛はインナーマッスルで治す

仙腸関節は非常に複雑な動きをする

骨盤と一口にいっても、いくつかの骨と関節によって形作られています。このうち、骨盤のもっとも大きな腸骨と、背骨の最下部にあたる仙骨をつないでいるのが仙腸関節です。

仙腸関節は、体のほかの部位とは違って関節面が地面と垂直になっています。このため、仙腸関節は重力の影響を受けやすい構造です。そこで、仙骨と腸骨は多くの靭帯によってガチガチに固められています。

このため、仙腸関節の動きはあまり大きくありません。ただし、仙骨の前後の動きや腸骨の開閉に合わせて、非常に複雑な動きをしているのが仙腸関節なのです。このため、仙腸関節はちょっとしたことでズレやすいという特徴があります。

仙腸関節のズレは腹横筋の筋力低下

そして、仙腸関節のズレが関節の中にある神経を刺激して、痛みにつながると腰痛が発症するというわけ。そして、仙腸関節が原因の腰痛のほとんどが女性です。

女性は男性に比べて骨盤が大きいため、仙腸関節に大きな負荷がかかることが理由の1つ。もう1つの理由は、妊娠・出産で胎児の通る産道を広げるために関節がゆるむことが挙げられます。

仙腸関節が原因の腰痛は、腸骨に付着している腹横筋の筋力低下が遠因。腹横筋は骨盤から肋骨までを結んで、腹部をベルトのように囲んでいるインナーマッスルです。逆にいうと、インナーマッスルの腹横筋を鍛えることで骨盤が安定。仙腸関節のズレが抑えられて、腰痛を改善することができるのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事