ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スポーツ心臓は脈拍が少なくても不整脈ではない

人間の心臓は通常、1分間に60回ほど拍動しています。この脈拍が1分間に「40回以下」の場合には、物忘れの原因にもなる徐脈性不整脈の可能性があるのです。ただし、スポーツ選手の中には心臓が鍛えられることで、心拍数がとても少ない人もいます。徐脈性不整脈の目安が通用しない場合のがあるのです。



スポーツ心臓は脈拍が少なくても不整脈ではない

スポーツ心臓は2倍近く大きくなる

スポーツ選手の心臓の断面を超音波で測定してみると、一般の人と比べて大きくなっています。心臓を覆っている心筋は、文字どおり心臓の筋肉。鍛えることで心臓は大きくなるのです。

とくに持久力を必要とするマラソンや自転車などの競技のスポーツ選手は、酸素を運んだり老廃物を回収したりするために、運動中にたくさんの血液が必要。1回に送り出せる血液の量を増やすために、心臓自体が大きくなっているのです。

これが、いわゆる「スポーツ心臓」と呼ばれるもの。スポーツ心臓は一般人の2倍近くも大きくなることもあります。ここで、大きくなった心臓は安静時も、一度に送り出せる血液量は変わりません。

スポーツ心臓は競技をやめると戻る

このためスポーツ心臓の人は、安静時でも1回の拍動で多くの血液を全身に送り出せるということ。結果的に、スポーツ心臓の人の心拍数は、一般の人と比べてとても少なくなります。

実際、自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」で、5連覇という快挙を成し遂げたミゲル・インデュライン選手は、安静時の心拍数が世界一ゆっくりであることから、現役時代にギネスブックにも掲載されたほどです。

ちなみに、その記録は1分間にたった28回でした。このため、スポーツ心臓の場合は脈拍が1分間に40回以下であっても、徐脈性不整脈とはなりません。ちなみにスポーツ心臓は、競技をやめると心臓のサイズがまた元に戻ってしまうそうです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事