ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

脈が飛ぶ時間が3秒以上は徐脈性不整脈の可能性

心臓が一時停止して脈が飛ぶ不整脈は数秒にわたっておこります。これが脳へ血液の流れを滞らせて虚血状態を招き、さまざまな症状を引き起こすのです。この脈が飛ぶ不整脈の正式名称は「徐脈性不整脈」。徐脈性不整脈は年齢はあまり関係ありません。さまざまな年齢層でおこりますが、原因はいまだ不明です。



脈が飛ぶ時間が3秒以上は徐脈性不整脈の可能性

脈が飛ぶ徐脈性不整脈で物忘れ

徐脈性不整脈は、脈が遅い不整脈という意味になります。ちなみに「頻脈」は脈拍が速くなることで、「徐脈」は脈拍がゆっくりになることです。不整脈は大きくこの2つに分けることができます。

そして、物忘れの原因にもなる危険な不整脈が徐脈性不整脈です。徐脈性不整脈の症状は、3秒以上脈が飛ぶと物忘れ・疲労・息切れ・冷え、5秒以上脈が飛ぶとめまいがおこます。

さらに、徐脈性不整脈で7秒以上脈が飛ぶと、立っていると失神してしまう場合もあるのです。横になっている場合は、9秒以上脈が飛ぶことで失神することがあります。徐脈性不整脈の症状は、姿勢なども含めて個人差があるのです。

3秒以上脈が飛ぶと徐脈性不整脈

徐脈性不整脈かどうかを見分ける方法は、3秒以上脈が飛ぶかどうか。安全な不整脈であれば2秒以内でおさまります。また、脈拍数が1分間に「40回以下」の場合も徐脈性不整脈の可能性があるのです。

脈拍を測るときは、利き腕の人差し指の延長上の手首を、人差し指から薬指までの3本の指でおさえます。指先を立てて、強めにおさえると脈を取りやすいでしょう。正常であれば、1分間に60~100回の脈拍があるはずです。

あまり神経質になりすぎることはありませんが、脈拍の異変に気づいたら速やかに循環器内科で診察を受けるようにしましょう。そして、徐脈性不整脈かどうかをチェックしてもらいます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事