ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

みんなの家庭の医学

ほくろをレーザー治療しても再発してしまう
ほくろ除去ではどんな治療が行われるのでしょう? そこで除去されたほくろは再発しないのでしょうか? ほくろに悩む人が多く訪れる病院で、その治療の様子を見せてもらいました。『ためしてガッテン』の「[…続きを読む]
顔のほくろは隠すのではなく誘目色を使う
顔のほくろをファンデーションなどで目立たなくすることなく、相手に気づかせないワザがあります。顔のほくろは隠すのではなく「誘目色」を使うのが効果的だったのです。『ためしてガッテン』の「がんホクロ[…続きを読む]
汗が臭いのではなく古くなった汗が臭くなる
汗が臭いとよく言いますが、本来は汗は無臭です。じつは汗が臭いのではなく、古くなった汗で細菌が繁殖して、それが臭いの原因となるのでした。これは足の臭いも同じこと。足の汗が臭いのではなく、放置した[…続きを読む]
脳梗塞の前兆を見分ける南三陸の取り組み
血圧が正常でもおきる新型の脳卒中は、血圧の変動が大きい血圧変動タイプに発症します。血圧変動タイプが脳梗塞の前兆といえるでしょう。その脳梗塞の前兆を克服して、多くの人が体質を変えた事例があります[…続きを読む]
平滑筋が原因でおきる新型の脳卒中ってなんだ
高血圧など脳梗塞の前兆がなくてもおきてしまう新型の脳卒中は、脳卒中体質と呼ばれる人におきるもの。そして、この新型の脳卒中には脳の中の平滑筋が原因でおきるのです。『ためしてガッテン』の「まさか脳[…続きを読む]
脳梗塞の前兆は高血圧とは限らないことが判明
最近、血圧が高くなくてもおきてしまう前兆がない脳梗塞があることがわかってきました。脳梗塞の前兆は高血圧とは限らないのです。しかも高齢になると高い確率でこの脳梗塞に該当することになるとか。『ため[…続きを読む]


過剰歯の割合は子ども100人に対して1人
本来の数よりも多く歯ができてしまう過剰歯。子ども100人に対して1人程度の割合で出現するといいます。この過剰歯は放置すると、永久歯が生えるのを妨げたり歯並びを悪くしたりすることがあります。過剰[…続きを読む]
鼠径ヘルニア手術は小児外科でもっとも多い手術
10歳のころから右足の付け根近くに2cmほどのふくらみがある女性は、中学のときに整形外科で「鼠径ヘルニア」と診断されました。そして、いずれ手術を受けるようにいわれたのです。痛みはとくにありませ[…続きを読む]
レビー小体型認知症の症状が現れる前兆
レビー小体型認知症の症状は、アルツハイマーと思われて間違った薬を投与されたて患者や家族が苦しむケースがあります。そこでレビー小体型認知症の症状が現れる前兆を紹介しておきましょう。『ためしてガッ[…続きを読む]
レビー小体型認知症の症状への対処法
レビー小体型認知症の症状に対処するには家族の理解が不可欠です。実際にレビー小体型認知症になった男性の症状を見ながら、家族ができる幻視への対処法を見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「新型認[…続きを読む]

古い記事 新しい記事