ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ

インフルエンザは感染者の咳やくしゃみで放出された、空気中に漂っているウイルスから感染するもの。インフルエンザ流行中に人ごみなどに行く場合は、しっかりとマスクで予防しましょう。そして、より効果的なインフルエンザ予防が「緑茶を飲む」ことなのです。



スポンサーリンク
インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ

インフルエンザ予防は緑茶を飲む

誰かがくしゃみをした瞬間、自分も息を吐くことでインフルエンザや風邪のウイルスを吸い込まないようにしたことはありませんか? しかし、これはまったく効果ありません。

インフルエンザウイルスは空気中に漂っているもの。その一瞬だけ息を吐いても防げません。やるべきは、しっかりうがいすることです。

とはいえ、人ごみや電車の中などでは、なかなかうがいができるものではありません。そんなときに効果的なインフルエンザ予防が「緑茶を飲む」ことです。

10分ごとの緑茶でインフルエンザ予防

緑茶を飲むと、緑茶に含まれている茶カテキンという成分がインフルエンザウイルスに付着。のどなどの粘膜に留まることができなくなるので、感染を防ぐことができるのです。

そして、ウイルスを飲んでしまって胃まで到達させれば、あとは強力な胃酸が殺菌してくれます。インフルエンザウイルスの侵入経路は粘膜。粘膜にウイルスを留まらせないように、胃に流し込んでしまうのです。

インフルエンザ予防には10分ごとに1回、緑茶を飲むのがおすすめ。これでインフルエンザウイルスを粘膜に留まることを防ぐことができるからです。

■「インフルエンザ予防」おすすめ記事
インフルエンザ予防「着替え」も重要だった
インフルエンザの予防に10分に1回の「嚥下」
インフルエンザ治療薬は予防にも効果があった!!
インフルエンザを劇的に予防「あいうべ」とは?

■「インフルエンザ」おすすめ記事
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている
インフルエンザの熱は38度台から解熱は不要
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
インフルエンザに解熱剤を使うのは大間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事