ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インフルエンザ予防には朝イチ歯磨きが効果的

インフルエンザや風邪が冬に流行するのは、ウイルスが低温で乾燥したものを好むため。ウイルスはそういった場所で活発に活動します。そんなインフルエンザを効果的に予防する方法を見ていきます。『駆け込みドクター!』の「お医者さんに聞きたい17の事」で紹介されていました。



スポンサーリンク
インフルエンザ予防には朝イチ歯磨きが効果的

ビタミンAもインフルエンザ予防法

インフルエンザウイルスは、1回のくしゃみで60万個くらい飛び散ります。飛散したウイルスは乾燥した状態だと、空気中を漂っている時間がすごく長くなることに…。だからインフルエンザや風邪に感染しやすくなるわけです。

そんなインフルエンザと風邪の予防法は、なんといっても「手洗い」。さまざまな場所を触った手には、ウイルスが大量に付着しています。インフルエンザは手を介して鼻や喉に侵入するケースがほとんどです。

「ビタミンA」を摂取することもインフルエンザ予防法のひとつ。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれています。目や鼻、口などの粘膜を正常に保つ働きがあり、ウイルスの侵入を防ぐのです。

インフルエンザ予防に朝イチ歯磨き

「ビタミンD」には、インフルエンザを撃退する力があるといいます。サンマや干し椎茸に多く含まれています。ビタミンDは太陽の紫外線を浴びると体内で生成されるものです。日光浴が効果的なので、日照時間の短い冬の間はとくに、インフルエンザ予防にこまめに日光を浴びるように心がけましょう。

インフルエンザ予防に関して、最近注目されているのが「口腔ケア」です。歯石や歯垢を取り除くと、ウイルスや細菌が増殖する酵素を除去することができます。

インフルエンザウイルスは、細菌が出すたんぱく質と出会うことで感染しやすくなるのが特徴。とくに寝ている間は、唾液の分泌が減少してばい菌が増えています、朝イチ歯磨きがインフルエンザの予防に効果を発揮するのです。

■「インフルエンザ予防」おすすめ記事
インフルエンザ予防「着替え」も重要だった
インフルエンザの予防に10分に1回の「嚥下」
インフルエンザ治療薬は予防にも効果があった!!
インフルエンザを劇的に予防「あいうべ」とは?

■「インフルエンザ」おすすめ記事
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている
インフルエンザの熱は38度台から解熱は不要
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
インフルエンザに解熱剤を使うのは大間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事