ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった

バランスボールは椅子代わりに使うだけで、筋トレすることなく腹筋と背筋を鍛えることができます。しかもインナーマッスルも同時に鍛えられるため、基礎代謝がアップして知らないうちにダイエットすることができるのです。そこで、バランスボールで腹筋を鍛えるコツを紹介します。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった

バランスボールに腹筋を鍛える効果

バランスボールは直径50~70cmほどのサイズの弾力あるビニール製ボール。スポーツショップなどでエクササイズ用に売られているのを見たことがあるでしょう。だいたい1,000~2,000円ほどで購入できます。

バランスボールは、ふだんから椅子代わりに座っているだけで腹筋を鍛える効果があるのです。仕事場であればオフィスチェアの代わり、自宅であればソファの代わりに使うとよいでしょう。

ただし、漫然とバランスボールに座っていても腹筋を鍛える効果は期待できません。腹筋や背筋に無理に力を入れる必要はありませんが、姿勢をよくして座ることが大切です。骨盤を垂直に保ちイメージを持ちましょう。

バランスボールで腹筋や背筋に張り

バランスボールに正しい姿勢で実際に座るとわかりますが、10分ほどですでに腹筋や背筋に張りがあることに気づくはず。作業やテレビに没頭しているあいだに、知らず知らずのうちに筋肉を使っているのです。

バランスボールで腹筋や背筋を意識的に鍛えたいなら、座りながら腰を右や左、前や後ろにずらしてみましょう。腹筋や背筋が伸びたり、負荷がかかったりすることを感じられるはずです。

とくに腹筋が鍛えたいときは、バランスボールに座った状態から、腰を少し前にずらして背中を丸めるようにするエクササイズがオススメです。仕事をしながらでもテレビを見ながらでも、簡単にできます。


スポンサーリンク

バランスボール腹筋エクササイズ

バランスボールで腹筋を鍛えるエクササイズは、バランスボールに座った状態からゆっくり息を吐きながら、おへそを覗き込むようにして腰骨を押し出すようにしてお腹を丸めてください。

転げ落ちない程度の位置まで押し出したら、元の位置に戻ります。この動きを30回を目安に繰り返しましょう。このバランスボールエクササイズで鍛えられるのは、腹筋の中でも腹直筋と呼ばれる筋肉です。

腹直筋は肋骨から恥骨までをタテにつなぐ平べったくて長い筋肉。割れた腹筋を形作るのは、この腹直筋になります。肋骨を恥骨に近づけるイメージを持つと、バランスボールの腹筋効果がアップするでしょう。

バランスボール腹筋でダイエット

バランスボールで鍛えられる筋肉は、腹直筋などのアウターマッスルだけではありません。姿勢を維持するインナ-マッスルも鍛えることができます。インナーマッスルは深層部にあるため、通常の筋トレではなかなか鍛えられません。

このインナーマッスルを鍛えると、エネルギーの代謝量が大幅にアップします。基礎代謝は、生命を維持する際に必要最低限使うエネルギーの消費量。インナーマッスルを強化すると、基礎代謝量が上がって消費エネルギーも上がるのです。

ダイエットは、摂取エネルギーよりも消費エネルギーを大きくするのがセオリー。とかく摂取エネルギーの制限に目が行きがちですが、消費エネルギー量を増やすこともダイエットには効果があります。バランスボールで腹筋を鍛えると、知らず知らずのうちにダイエットできてしまうのです。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事