ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える

サラリーマンの憧れともいえる高機能チェアですが、筋肉にとってはあまりよくありません。オフィスチェアのおすすめはバランスボール。バランスボールをイス代わりすれば、座っているだけで腹筋が鍛えられます。しかも腹筋だけでなく、脳ミソも鍛えられるのです。



スポンサーリンク
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える

バランスボールは背もたれがない

高機能チェアは座り心地がよいだけに、正しい姿勢を維持するための筋肉をあまり使わなくなってしまいます。いわばコルセットをしたかのような状態になり、どんどん筋肉が衰えてしまうのです。

ただでさえ筋肉を使わないデスクワーク。少しでも正しい姿勢を維持することを意識して、自分の筋肉を使う機会を増やさなければなりません。30分間だけでも、少しでも正しい姿勢を維持で座るように心がけましょう。

とはいえ、オフィスチェアで背もたれを使わずに背すじを伸ばしているのは難しいもの。ついつい背もたれを使ってしまいます。そこでおすすめは、バランスボール。背もたれが初めからなければよいのです。

腹筋も脳ミソも鍛えるバランスボール

バランスボールに座ると体がグラグラして不安定な状態。すると体が安定を保って動かないように、腹筋や背筋、下半身などの筋肉を総動員して、姿勢を維持しようとします。バランスボールを使えば、デスクワークで座りながら筋トレができるのです。

さらには、不安定な体を支えようと筋肉が動くと、小脳の働きが活発化します。そもそも人間が立っていられるのは、小脳の働きによってバランスが保たれているからです。

小脳の働きが活発化して脳の血流がアップすれば、脳トレ効果が期待できます。すなわち、バランスボールは腹筋や背筋だけでなく、脳ミソも鍛えてくれるということ。仕事の能率もアップするでしょう。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事