ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹筋のインナーマッスルとは腹横筋と内腹斜筋

腹筋とひと口にいっても、大きくアウターマッスルとインナーマッスルに分けられます。腹筋のうちダイエットで重要な役目を果たすのはインナーマッスル。腹筋のインナーマッスルには、コルセットのように内臓の位置を保持する役目があるからです。腹筋のインナーマッスルを詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
腹筋のインナーマッスルとは腹横筋と内腹斜筋

インナーマッスルは意識して鍛える

筋肉には大きく分けて2種類あります。1つは、一般的な筋トレで鍛えられるアウターマッスルです。割れた腹筋や力こぶなど、外見ですぐにわかる筋肉になります。そしてもう1つがインナーマッスルです。

インナーマッスルは体の深部にあるため、外から触れることはできません。このインナーマッスルは体幹を整えたり、血液循環を促したり、体温維持に関わっています。

腹筋のインナーマッスルは、昔は家事などの動作で自然に鍛えられていました。しかし、現代はなかなか鍛えられる場面が少ないのが現状。腹筋のインナーマッスルは意識して鍛えなければなりません。

インナーマッスルでダイエット効果

腹筋には大きく4つの筋肉があります。アウターマッスルである腹直筋と外腹斜筋、インナーマッスルである腹横筋と内腹斜筋です。脇腹では筋肉が三層になっていて、内側に腹横筋、その外に内腹斜筋、外腹斜筋と配置されています。

ダイエットで腹筋運動を始める人が多いですが、この運動で鍛えられるのはおもに腹直筋。お腹の前方にタテに走っている筋肉ですから、ウエストのくびれを作るためには効果がありません。

ウエストのくびれは、腹横筋と内腹斜筋を鍛える必要があります。インナーマッスルは、腹部のコルセットとして胃や腸などの内臓の位置を保持。下垂した内臓を元の位置に戻して、ダイエット効果を高めてくれるのです。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事