ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

二重あご解消に効果のある舌骨(ぜっこつ)とは

二重あご解消に効く舌骨(ぜっこつ)トレーニングを紹介しましょう。舌骨とはのどぼとけの上あたりにある左右の突起。この下を支える骨が下垂することで、二重あごが発生します。舌骨を盛り上げる筋肉を鍛えることで、二重あご解消を目指しましょう。



スポンサーリンク
二重あご解消に効果のある舌骨(ぜっこつ)とは

二重あごを解消しないと誤嚥性肺炎

舌骨は、のどぼとけから指1本くらい上あたりにあります。親指と人差し指で触ってみると、左右に突起が感じられる部分があるはず。この舌骨を動かす筋肉が弱ってきて舌骨の位置が下がることが、二重あごの原因です。

舌骨を動かす筋肉が弱っているかの見分けるには、のどぼとけのてっぺんより少し上のところに人差し指を置いて、ごくりと唾を飲み込みます。このとき、のどぼとけが指を乗り越えられないと、筋力が衰えているということです。

もしそのまま二重あごを解消しないと、食べ物がうまく食道に入らずに残ってしまい、それが気道に入ってしまうことになります。その結果、誤嚥性肺炎となってしまう場合があるの注意が必要です。

二重あご解消に効くトレーニング

そして、二重あご解消に効くのが舌骨トレーニングです。舌骨トレーニングは「口開け体操」と「頭上げ体操」の2つで構成されています。

口開け体操は口を大きく開いて10秒間キープするだけ。これを5回で1セットで1日2セット行うのです。もう1つの頭上げ体操は、仰向けに寝た状態で頭を上げてつま先を見る体操。その姿勢を10秒キープして10秒休憩…を3回繰り返します。これを1日3セット行うのです。

いずれの体操も舌骨を持ち上げる筋肉を鍛えるのに効果的。。舌骨トレーニングで二重あごを解消してしまいましょう。

■「二重あご」おすすめ記事
首ストレッチは二重あごやブルドック顔を一掃

■「首ストレッチ」おすすめ記事
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ
意味がない!!むち打ちで付ける首コルセット
頭痛を治すなら首のインナーマッスル体操が効く

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事