ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

首ストレッチは二重あごやブルドック顔を一掃

年齢とともに気になるのが、首や口元、フェイスラインです。首もとはハリを失って、シワが目立つようになってしまいます。そんなときは「首ストレッチ」がおすすめ。ストレッチで首を動かすことがシワが目立たない秘訣なのです。首ストレッチのやり方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
首ストレッチは二重あごやブルドック顔を一掃

首ストレッチは口元の老化対策に効果

首の筋肉や皮膚は顔につながっているので、首の衰えは口元やフェイスラインに反映されやすいもの。首の衰えは口元や頬もたれやすくするため、二重あごやブルドッグ顔の原因にもなるのです。

そんなときは首ストレッチがおすすめ。首ストレッチは、首だけでなく口元のシワ対策に効果抜群です。二重あご、ブルドッグ顔、猫背を一掃してくれます。

実際、首ストレッチを15年前から続けている女性は、目元や頬が垂れ下がることもなく、フェイスラインもスッキリ。しかも、背筋が伸びるようになって以前からの猫背が解消。肩こりや首の痛みなどもありません。

首ストレッチは4つの動き5回ずつ

首ストレッチは次の4つの動きを、好きなときに5回ずつ行います。首すじが気持ちいいと感じる程度に伸ばしてください。

首ストレッチは最初、頭を後ろにゆっくり倒して首すじを伸ばします。次は右斜め後ろにゆっくり倒して、左の首すじをストレッチ。左斜め後ろも同じように行います。続いて、頭を右真横にゆっくり回して、左の首すじを伸ばしてください。左真横に回す動きも同様に行います。

最後は、頭をゆっくり右真横に回したところで頭を後ろ倒して左の首すじを伸ばしましょう。左側も同様の動きで、右の首すじを伸ばします。首ストレッチは、無理に首すじを伸ばす必要はありません。伸ばせる範囲で伸ばしているだけで、効果は期待できます。

■「首ストレッチ」おすすめ記事
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ

■「首」おすすめ記事
意味がない!!むち打ちで付ける首コルセット
頭痛を治すなら首のインナーマッスル体操が効く

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事