ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

体幹トレーニング効果でウエストにくびれが出現

体幹トレーニング効果でウエストにくびれを作る方法を紹介しましょう。脇腹にある腹斜筋と、さらに内側にある腹横筋を鍛えることで、ウエストにくびれを作りやすくします。イスに座ってどこでも簡単にできる体幹トレーニングです。『世界一受けたい授業SP』で紹介されていました。



スポンサーリンク
体幹トレーニング効果でウエストにくびれが出現

体幹トレーニングのさまざまな効果

体幹とは頭・腕・脚を除いた胴体すべての筋肉のこと。体幹トレーニングは肩こりや腰痛の改善、筋肉や関節の老化防止、ウエスト引き締めなど、さまざまな効果が期待できます。

そこで子どもからお年寄りまで、どこでも簡単にできる体幹トレーニングを紹介しましょう。ウエスト引き締めに効果的な体幹トレーニングです。ウエストまわりの脂肪はメタボリックシンドロームや生活習慣病などのほか、肩こりや腰痛の原因にもなります。

ウエストのくびれを作るために行うのは脇腹のトレーニングです。まずイスに背もたれから離れて座ります。この姿勢で右手を左のわき腹に置いてください。左腕を下にブランと垂れ下げたら準備完了です。

体幹トレーニング効果でくびれが出現

この姿勢から、息を吐きながらゆっくり3秒かけて左側に上体を曲げるのです。脇腹の筋肉を縮めるように意識します。これを7秒間キープしてください。

体幹トレーニングのポイントとしては骨盤がぶれずに、脚も動かないようにしっかりと固定すること。左手の指先も斜めに行かずに、必ず下に向けるようにします。脇腹をしっかり意識してください。

これを左右2セットを1日3回行うと効果的です。この体幹トレーニングでは脇腹にある腹斜筋と、さらに内側にある腹横筋を鍛えます。その効果によってウエストのくびれが出現するのです。

■「体幹トレーニング効果」おすすめ記事
体幹トレーニングの効果でインナーマッスル強化
慢性疲労に効果的な体幹トレーニングの方法とは

■「体幹トレーニング」おすすめ記事
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
ウエストにくびれを作る体幹トレーニングとは
インナーマッスルと体幹はイコールではなかった
足の痛みの原因はヒールではなく体幹にあった

■「ウエスト」おすすめ記事
オチョダイエット効果でウエストだけをシェイプ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事