ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスルを椅子に座ったまま強化する

インナーマッスル強化は代謝を上げて痩せやすい体質になるだけでなく、よい姿勢を保つための筋肉が鍛えられます。そこでインナーマッスルを椅子に座ったまま強化する方法を紹介しましょう。『別冊主治医が見つかる診療所』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
インナーマッスルを椅子に座ったまま強化する

インナーマッスルを座って強化その1

インナーマッスルを椅子に座って強化する1つめの方法は、肩を回して腕を後ろで組んで胸をそらせるエクササイズです。胸を反らすときに骨盤と腰を安定させることでインナーマッスルを強化します。

インナーマッスルを強化するエクササイズは8カウントです。椅子に浅く腰掛けて背筋を伸ばしたら「1・2」で肩を回して「3・4」で体の後ろで手を組んでください。「5~7」で腕を下に引っ張るようにしてキープするのです。

胸を張るときは顔を上に向けましょう。ポイントは左右の肩甲骨を引き寄せるように意識すること。1分ほど行えば効果があるので、毎日続けるようにしましょう。

インナーマッスルを座って強化その2

インナーマッスルを椅子に座って強化する2つめの方法は胸椎周りのインナーマッスルを強化しながら、お腹周りのインナーマッスルも強化できるエクササイズです。

このエクササイズも8カウントになります。「1~3」で右手を後頭部に当てて左側に倒します。「4」で元に戻したら「5~7」で左手を後頭部に当てて右側に倒してください。そして「8」で元の位置に戻ります。

体を倒すときは、胸から上を真横に倒すイメージ。お腹から下は動かしません。両脇のお腹の筋肉の長さを保ったまま行うようにします。胸やお腹のインナーマッスルが強化されるのが実感できるでしょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事