ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪レベルを下げるために体幹を鍛える理由

内臓脂肪レベルを下げるためには適度な運動を習慣化するのが最善の方法でしょう。そもそも内臓脂肪レベルが上がるのは、長年にわたる食べすぎと運動不足が原因です。食事量のコントロールだけではなかなか改善されません。そして、内臓脂肪レベルを下げるために運動をするなら体幹を鍛えるのが正解です。



内臓脂肪レベルを下げるために体幹を鍛える理由

内臓脂肪レベルを下げる運動習慣化

内臓脂肪は、皮下脂肪と比べると細胞内の代謝が活発というのが大きな違い。増えるのも早ければ減らすのも早いという特徴があります。すなわち、適度な運動を習慣化すると、短期間でも内臓脂肪レベルを下げる効果が期待できるのです。

内臓脂肪レベルを下げるための運動の習慣化では、基礎代謝量を上げることがポイントになります。基礎代謝量に大きな影響を与えるのが筋肉量。筋肉を鍛えるとエネルギー消費量が増えて、内臓脂肪レベルを下げるのです。

ただし、内臓脂肪レベルを下げるには2つの段階を踏む必要があることを忘れてはいけません。その第1段階は、内臓脂肪の脂肪細胞に蓄えられている脂肪が分解されて遊離脂肪酸となることです。

内臓脂肪レベルを下げる筋肉タイプ

そして、第2段階では血中に放出された遊離脂肪酸が筋肉に運ばれて、細胞内のミトコンドリアで酸素と反応して燃焼。エネルギーとして消費されなければなりません。分解する段階と、燃焼する段階が必要になるのです。

ここで筋肉を構成している筋繊維には「白筋・赤筋・ピンク筋」の3タイプがあります。このうち、脂肪を燃やすミトコンドリアを多く含むのが赤筋とピンク筋。この赤筋とピンク筋が多く存在しているのが体幹なのです。

これが、内臓脂肪レベルを下げるためには体幹を鍛える理由。そして、体幹を鍛えるときはストレッチで筋肉をほぐすと効果的です。血行がよくなり、ミトコンドリアに脂肪や酸素がスムーズに運ばれます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事