ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪レベルを下げるなら行列店には並ばない

内臓脂肪レベルを下げるなら、行列店には並ばないほうがよいでしょう。行列ができる店はどうしても滞在時間が限られてしまい、早食いになりがち。早食いは血糖値を急上昇させるだけでなく、必要以上のエネルギーを摂取することにもつながります。こうして、行列店では内臓脂肪レベルが上がってしまうのです。



内臓脂肪レベルを下げるなら行列店には並ばない

内臓脂肪レベルに早食いは一利なし

内臓脂肪レベルを下げるために気を付けなければならないのが、血糖値の急上昇です。血糖値が急上昇するということは、血液中に一気に糖が増えるということ。すると、体は脂肪を溜め込もうと働いてしまうのです。

ここで早食いは、血液中の糖が一気に増えてしまうためインスリンが分泌。血液の糖を脂肪細胞へ取り込むことが促されて、内臓脂肪を溜め込みやすくなります。内臓脂肪レベルに早食いは百害あって一利なしです。

早食いのデメリットはこれだけではありません。人間の脳が満腹になったと感じるまでには20分はかかるもの。早食いはカロリー的に十分な量を食べても、満腹感を感じる前に食べすぎてしまいます。

内臓脂肪レベルが行列店で上がる

早食いは結果的に、使いきれない糖が内臓脂肪として溜め込まれてしまうのです。この意味でも、内臓脂肪レベルには悪影響しか与えません。

このため、内臓脂肪レベルを下げるなら行列店は避けるのが正解。客が並んでいては滞在時間は限られてしまい、知らず知らずのうちに早食い気味になってしまうでしょう。とくにラーメン店やカレー店はまわりの雰囲気もあって、どうしても早食いになりがちです。結果的に、内臓脂肪レベルが上がってしまいます。

内臓脂肪レベルを下げるには、食事を1人で食べないことも効果的です。誰かと会話をしながら食べるほうが、食事をするペースがダウン。内臓脂肪レベルを上げる早食いを避けることができます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事