ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

肥満には、健康的な肥満と不健康な肥満の2種類があります。その1つの指標が内臓脂肪。内臓脂肪が「100平方センチ以上」の場合は問題アリです。そこで、食べたいものを我慢しない内臓脂肪の落とし方を紹介します。『別冊主治医が見つかる診療所』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

内臓脂肪の落とし方には1段飛ばし

じつは内臓脂肪は、努力をすればすぐ落とすことができるもの。1日だけでも効果が現れます。3時間走ったら、そのぶん内臓脂肪が減ることもありえます。空腹を我慢して走りさえすれば、内臓脂肪から消費されていくのです。

そんな内臓脂肪の落とし方には、階段の「1段飛ばし」が効果的。ひざが高く上がってインナーマッスルである腸腰筋が鍛えられるからです。これにより、内臓脂肪を減らすことができます。ただし、ひざなどに負担がかかることもあるので、無理のない範囲でトライしてみてください。

そして、空腹時こそ内臓脂肪の燃焼には大切な時間。お腹が減っているということは血糖が下がっているということ。いよいよ脂肪が燃え出すタイミングです。お腹がグーグーなるのは内臓脂肪を燃やし始める合図といえます。

少し我慢が内臓脂肪の落とし方

ここで「少し我慢」してから食べる習慣をつけるのが内臓脂肪の落とし方。いきなり我慢するのは大変ですから、1日目は5分、2日目は10分と徐々に我慢する時間を伸ばしていきます。

30分ほど空腹を我慢してから食事をとるようにするのが、内臓脂肪の落とし方です。3食とも実行してもかまいませんし、ランチだけなど1食だけでも効果は十分に表れます。

なお、コロッケとメンチカツがあったら、内臓脂肪を落とすにはメンチカツを選びましょう。コロッケの中身はじゃがいも、すなわち炭水化物。基本的には、余った炭水化物が脂肪になるのです。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
脂肪を落とすにも内臓脂肪と皮下脂肪で違う
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事