ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい

体脂肪には2種類あります。皮下脂肪は、お腹の皮膚の下にあってつかむことができる脂肪。一方の内臓脂肪は腹部の内臓の周りにあるものです。皮下脂肪と比べて、ダイエット効果がすぐに現れるのが内臓脂肪。内臓脂肪を効率的に減らすことができるウォーキング法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい

歩きを運動に変えて内臓脂肪を減らす

基本的には、運動をしたほうが内臓脂肪を減らすことができます。とはいえ、ふだんから運動はなかなかできません。

しかし、歩くことは日常茶飯事。それなら歩くことを、運動に変えてしまえばよいのです。そうすれば内臓脂肪を定常的に減らせます。

歩くことを運動にする方法は2つ。「足を高く上げて歩く」か「早足で歩く」かのどちらかです。歩く動作を大きくするか、歩く動作を早くするかのどちらかということになります。

効果的に内臓脂肪を減らすテクニック

そして、歩くことを運動にするには、どちらの方法をとるにしても、少し汗をかく運動を30分続けることがポイントです。1日1回これを行うことができれば、相当量のエネルギーが消費。内臓脂肪を減らすことができるのです。

歩くときは砂浜や砂利道など不安定なところを選ぶとなおよし。体が自然にバランスをとろうとして、ふだん使われていない筋肉も鍛えられます。より内臓脂肪を減らすことができるのです。

腹筋に力を入れながら歩くのも、効果的に内臓脂肪を減らすテクニック。腹筋と背筋に力を入れて姿勢をよくして歩けばOKです。これだけでインナーマッスルが鍛えられます。すると代謝が上がるので、より内臓脂肪が減らせるのです。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
脂肪を落とすにも内臓脂肪と皮下脂肪で違う
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事