ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

アイソメトリクスの腹筋運動はイスに座って行う

両手を胸の前で押し合うと大胸筋のトレーニングになることはよく知られています。この筋トレメソッドがアイソメトリクス。大きな動きや激しいトレーニングなしにできる筋トレです。このアイソメトリクスを利用すれば激しい運動なしにお腹をへこますことが可能。アイソメトリクスによる腹筋運動を紹介します。



アイソメトリクスの腹筋運動はイスに座って行う

アイソメトリクスによる腹筋運動

仰向け上体から上半身をおこすといういわゆる腹筋運動は、お腹の前面を覆っている腹直筋を鍛える筋トレです。トレーニングの代名詞とも呼べるほどポピュラーな筋トレ。ぽっこりお腹の解消の基本といえるでしょう。

腹筋運動で鍛えられる腹直筋は、肋骨下部と恥骨をつなぐタテに長い筋肉になります。実際には、左右2本の平たく長い筋肉が、腱によって横に区切られたもの。腹筋上部や下部で力を発揮できるような構造です。

この腹直筋を鍛える腹筋運動を上下動なく実践できるのがアイソメトリクスになります。アイソメトリクスによる腹筋運動は、椅子に座ってできるのですきま時間に手軽に実践できるでしょう。

アイソメトリクスでぽっこり解消

アイソメトリクスによる腹筋運動は背筋を伸ばして椅子に座って、軽くひじを曲げて上腕を太ももと平行にします。この姿勢からおへそを覗き込むようにあごをひいて、腹直筋に力を入れてゆっくりと上半身を曲げていくのです。

そして、5秒かけて上腕が胸につくまで曲げていきます。強めに息を吐きながら、腕を引き絞るようにしてひじを体に寄せましょう。タテに長い腹直筋の上部を絞り込むイメージで行うのがコツです。

上腕が胸についたらそのまま力を抜かずに5秒キープ。ゆっくりと元の姿勢に戻ったら終了です。アイソメトリクスによる腹筋運動は10回が1セット。1日3セットを目標にするとよいでしょう。ぽっこりお腹が解消されてくるはずです。

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

■「腹筋運動」おすすめ記事
中年太りの解消に腹筋運動はまったく効果がない
インナーマッスルを鍛えるピラティスの腹筋運動

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事