ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

レッグレイズはアイソメトリクスでやるのが簡単

レッグレイズは床に仰向けになって、伸ばした足を上下させる腹筋の筋トレメニュー。とくに下腹部がトレーニングできるメニューとして知られています。とはいえ、仰向けで行うレッグレイズはオフィスなどではなかなか実践できないもの。そこで、レッグレイズはアイソメトリクスでやるのが簡単です。



レッグレイズはアイソメトリクスでやるのが簡単

レッグレイズは腹筋下部を鍛える

アイソメトリクスとは静的筋トレとも呼ばれるトレーニングメソッド。両手を胸の前で合わせて大胸筋を鍛える筋トレなどが知られています。大きな動きを伴わないため、オフィスなどでも手軽に実践できる筋トレです。

一方で、レッグレイズは腹筋下部を鍛える基本的な筋トレメニュー。ただし、レッグレイズは文字どおり、床に仰向けになって伸ばした足を上げ下げするため、オフィスの机まわりで実践するのは難しいものです。

そこで、レッグレイズはアイソメトリクスで行うとよいでしょう。アイソメトリクスのレッグレイズは椅子に座って実践可能。しかも、腹筋下部だけでなく腰まわりりのインナーマッスルである大腰筋も鍛えられます。

アイソメトリクスのレッグレイズ

大腰筋は背骨と大腿骨をつなぐ、お腹の奥にある太くて長い筋肉。いわば上半身と下半身をつないでいるインナーマッスルで、日常動作のほとんどに関わっています。アイソメトリクスのレッグレイズを実践しない手はありません。

アイソメトリクスのレッグレイズのやり方は、背すじを伸ばして椅子に座って、両手をそれぞれのひざの上に置きます。ここで左ひざに置いた左手を下方に押し付けながら、左ひざを5秒かけてゆっくりと持ち上げるのです。

下ろすときも5秒かけて、今度は左足の力で抵抗しながらゆっくりと下ろします。この動きを左側で5回やったら、今度は右側で5回。これを1セットとして、1日3セット行うのです。レッグレイズはお腹の下部を意識することがポイント。上半身は前後や左右にぶれないように意識してください。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事