ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ぽっこりお腹の原因はインナーマッスルにあった

アメリカの研究によれば、肥満の人は標準体重の人より長い時間、座っていることがわかっています。一方で、日本人が座っている時間は世界でもトップクラスです。すなわち、座っている時間が長いことがぽっこりお腹の原因。結果的にインナーマッスルが筋力低下をおこして、ぽっこりお腹の原因となるのでした。



ぽっこりお腹の原因はインナーマッスルにあった

ぽっこりお腹の原因は座りすぎ生活

ぽっこりお腹の原因は、座る時間が長くなった現代人の生活スタイルにあります。アメリカの研究では、1日の平均座り時間は標準体重の人は6時間47分に対して肥満の人は9時間31分。太っている人は2時間44分も座っている時間が長いのです。

すなわち、座っている時間が長いことがぽっこりお腹の原因となるということ。それでは、なぜ座りすぎがぽっこりお腹の原因となるのでしょうか? それはインナーマッスルの筋力低下に原因があるのです。

座りすぎ生活をしていると、大腰筋というインナーマッスルが衰えることが研究でわかっています。大腰筋は背骨のS字カーブを作り、正しい姿勢を維持するのが役目。大腰筋が衰えると猫背になって骨盤が後ろに傾くこととなります。

ぽっこりお腹の原因を解消する改善

こうして、インナーマッスルの筋力低下で骨盤が後傾すると、内臓が前に押し出されてしまうことに…。これが座りすぎ生活でぽっこりお腹になる大きな原因となるわけです。20の国と地域を対象にした座っている時間の調査では、日本人の平均は世界最長の7時間でした。

しかも、大腰筋は年齢を重ねるごとに衰えていきます。大腰筋の面積は20代以降はどんどん減っていき、50代になると20代のほぼ半分になってしまうのです。

ただし、大腰筋はどんなに歳をとっても鍛えることができる筋肉でもあります。70歳の人でも80歳の人でも、鍛えれば若返ることができます。ぽっこりお腹の原因を解消するために、まずは座りすぎの生活を改善することが必要なのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事