ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

人間は年齢とともにつまずきやすくなるもの。そんなときはインナーマッスルの1つ、大腰筋をトレーニングしましょう。大腰筋トレーニングといっても、本格的な用具や筋トレが必要なわけではありません。激しい動きナシでイスに座ったままできる大腰筋トレーニングの方法です。



スポンサーリンク
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる

大腰筋トレーニングがオススメ

人間は年齢とともに脚を上げる筋肉が衰えるもの。いわゆる高齢者のつまずきの原因になります。自分では脚を上げているつもりが、思ったほど上がっていないのです。

そんなときはインナーマッスルを鍛えましょう。なかでも、上半身と下半身をつなぐインナーマッスルである大腰筋トレーニングがオススメ。骨盤と足の付け根を結ぶ腸骨筋と合わせて「腸腰筋」とも呼ばれる筋肉です。

大腰筋は体に奥にある姿勢や関節を制御するインナーマッスル。ここを鍛えておけば代謝が上がって血流が上昇、痩せやすい体にもなります。さらには、腰痛予防にも効果があるのです。

イスに座って大腰筋トレーニング

さっそく、イスに座りながらできる大腰筋トレーニングを紹介しましょう。このトレーニングはアイソメトリクスと呼ばれる、静的筋力トレーニングで行います。激しく動く必要がないため、手軽に挑戦できるでしょう。

まずイスに浅く腰掛けたら、ひざを90度に曲げてください。上体は背筋を伸ばして、床と垂直になるようにします。ここで右足のひざを軽く持ち上げたら、右ひざに両手をのせるのです。

ここでひざの位置をキープしながら、ひざと両手で押し合います。5秒ほど押し合ったら、今度は左足です。左右5回ずつほど行えば大腰筋が鍛えられて、つまずき予防の効果が現われるはずです。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事