ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルはお腹をつまめばだいたいわかる

内臓脂肪レベルを正確に測定するには病院での腹部CT検査が必要ですが、手軽に体脂肪計を測定できる体重計も増えています。体脂肪とは、皮下脂肪と内臓脂肪の合計値。なかには、内臓脂肪レベルを測定できる機種もあります。ただし、だいたいの内臓脂肪レベルであれば、お腹をつかめばだいたいわかるのです。



内臓脂肪レベルはお腹をつまめばだいたいわかる

内臓脂肪レベルをもっと手軽に知る

体脂肪には、大きく内臓脂肪と皮下脂肪が存在します。内臓脂肪とはお腹の内臓のまわりにつくもの。一方の皮下脂肪とは、お腹の皮膚の下にあってつかむことができる脂肪になります。

最近、メタボリックシンドロームなどで注目されているのは内臓脂肪。このため、一部の体脂肪計では内臓脂肪レベルや内臓脂肪率が測定できる機種があるほどです。内臓脂肪レベルが身近になってきました。

ただし、だいたいの内臓脂肪レベルであれば、もっと手軽に知ることができます。内臓脂肪レベルはお腹をつかめばだいたいわかるのです。ポイントは、腹筋に力を入れたときに手でつかめる脂肪があるか否かになります。

内臓脂肪レベルを測定する体組成計

腹筋に力を入れてお肉がつかめるとしたら、それは皮下脂肪ということ。つかめるお肉が多くて体脂肪率が高いなら、皮下脂肪が多いと考えられます。つかめるお肉が少ないのに体脂肪率が高いと、内臓脂肪レベルが高めと推測できるわけです。

もし内臓脂肪の割合を正確に知りたい場合には、病院で腹部CT検査を受ける必要があります。この検査によって、へその位置での内臓脂肪の面積が100平方cm以上あると、内臓脂肪型肥満と診断されるのです。

一方、内臓脂肪レベルが測定できる体重体組成計は、内臓脂肪の面積の大小をデータに基づいてレベル化。独自の推定式により算出しています。内臓脂肪レベルは標準が「1~9」、やや高いが「10~14」、高いが「15~30」です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事