ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

大腰筋を日常的にトレーニングしたいなら、階段の上り方を工夫するのがオススメ。階段を2段ずつ上っていく「階段飛ばし」が有効です。しかし、漫然と階段飛ばしをしても効果薄。しっかり姿勢を整えることがポイント。大腰筋トレーニングの方法を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
大腰筋トレーニングは階段飛ばし

大腰筋トレーニングは姿勢が大切

階段飛ばしで大腰筋トレーニングするには、インナーマッスルを鍛える基本姿勢を保つことが大切です。背筋を伸ばして立ったら、尾骨が地面に刺さっていることをイメージ。そして、頭頂が上に伸びるようにします。

このとき、1本の軸をしっかりと背中に感じてください。そして、背中の軸を感じながら骨盤の前を平らにするように引っ込めます。先に軸を感じてから、次に骨盤を平らにするという順番が大切です。これがインナーマッスルを鍛える基本姿勢になります。

そもそも人間の胴体は、前後左右にグラグラな状態です。このグラグラするものをある位置にキープできているということは、インナーマッスルが一番働いている証拠でもあります。

階段飛ばしで大腰筋トレーニング

大腰筋トレーニングは、この基本姿勢をキープしたまま階段飛ばしを行います。姿勢をぶらさないまま、ももを高く上げてください。

ももを高く上げると腰が前に曲がりがちですが、最初に設定した基本姿勢をキープします。後ろ足を前に出すときは、逆に腰を反らさないように注意。あくまでも基本姿勢をキープすることを心がけます。

基本姿勢をキープし続けようと意識したときこそ、インナーマッスルがしっかり働いてくれるタイミング。階段を見たら、大腰筋トレーニングのチャンスと思ってがんばりましょう。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事