ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスルの鍛え方はイスとタオルを使う

インナーマッスルは、ふだんの生活ではほとんど意図して使うことのない筋肉です。これがインナーマッスルの鍛え方で難しいところ。鍛えようにも力の入れ方がわかりません。そんなインナーマッスルの鍛え方はイスとタオルを使うと効果的です。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
インナーマッスルの鍛え方はイスとタオルを使う

イスで行うインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルの鍛え方は、まず椅子に座ってバスタオルを丸めて太もものあいだに挟みます。大きく息を吸い、続いてゆっくり息を吐きながらお腹を引っ込めていきましょう。十分に引っ込んだところで、お尻の穴を締めるように力を入れます。

さらに、太もものタオルをきつく挟み込むように力を入れて、そのまま5秒間キープ。これを3セット行います。これでお腹まわりのインナーマッスルが鍛えられて、内臓が正しい位置に戻るというわけです。

じつは、インナーマッスルには内臓を正しい位置に保持する役割があります。このため、インナーマッスルが衰えておきるのが内臓下垂。じつは、ぽっこりお腹が腹筋運動をしても解消しないのは、内臓下垂がおきているからです。

インナーマッスルの鍛え方はお尻上げ

このためインナーマッスルの鍛え方をマスターすれば、おのずと内臓が正しい位置に復活。ぽっこりお腹の解消効果も期待できるのです。そこでもう1つ、インナーマッスルの鍛え方を紹介しましょう。

まずはバスタイルを丸めて太もものあいだに挟み、イスの後ろに手をつきます。大きく息を吸い、ゆっくり息を吐きながらお腹引っ込めて、背中を丸めてください。そのまま、お腹に力を入れて背筋を伸ばすのです。

そして、できる範囲でお尻を浮かせ、その姿勢を5秒ほどキープ。お尻が上がらないときは、お尻と太ももに力を入れて、背筋を伸ばすだけでOKです。これを3回繰り返すのが、インナーマッスルの鍛え方です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事