ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

歩幅を広げるノルディックスキップで認知症予防

体の歪みを改善するノルディックスキップには、とてもうれしい効果があります。それが歩幅を広げて痩せやすい体質になることです。さらにノルディックスキップで歩幅を広げることは認知症予防につながるのでした。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
歩幅を広げるノルディックスキップで認知症予防

歩幅も動きもスキップで大きくなる

ノルディックスキップでスキップをすると、歩幅が広がったりするなどいろいろな活動が大きくなります。すなわち、全身を使うようになるためエネルギー消費量が多いのです。

スキップは全身運動。普通にウォーキングするより歩幅も体の動きも大きくなるため、エネルギーの消費量が多くなります。さらにインナーマッスルが鍛えられて基礎代謝がアップ。痩せやすい体になるのです。

ノルディックスキップを始めて8か月という62歳の女性は、62㎏だった体重が55㎏まで減少。7㎏もダイエットできたのです。体重が7㎏減ったことで、ウエストも7㎝、シェイプアップしました。

歩幅が広いと認知症になりにくい

ノルディックスキップの効果はダイエットだけではありません。なんと認知症の予防に効果があるのです。というのも、スキップをすると歩幅が広がってきます。歩幅が広がり歩く速さの速い人は、認知症になりにくいのです。

東京都健康長寿医療センターの調査によれば、歩幅が狭い人は広い人に比べて、認知機能が低下するリスクがアップ。男性で2.3倍、女性は5.8倍も認知機能が低下するリスクが高くなるのです。

この調査で狭いとされている歩幅は、身長にかかわらず男性で62㎝以下、女性で58㎝以下となっています。そして、この歩幅を広げるのに効果があるのがノルディックスキップというわけです。

■「歩幅を広げる」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

■「ノルディックスキップ」おすすめ記事
体の歪み改善で減量できるノルディックスキップ
ノルディックウォーキングで体のゆがみリセット
大腰筋トレーニングにノルディックウォーキング
ノルディックウォーキングで体の歪みが解消する

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事