ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スロトレが軽い負荷と短い時間で効くメカニズム

スロトレとは文字どおり、筋トレの動きを3秒ほどかけてゆっくり行うトレーニング方法です。通常の筋トレより負荷が軽いだけでなく、短時間でトレーニングできます。なぜスロトレが軽い負荷かつ短い時間で、筋肉を太くできるのかのメカニズムを見ていきましょう。



スポンサーリンク
スロトレが軽い負荷と短い時間で効くメカニズム

スロトレは楽なトレーニングではない

スロトレは軽い負荷と短い時間で効くといっても、楽なトレーニングという意味とは違います。スロトレでも筋肉を鍛えて太くするには、負荷をかけて筋肉をギリギリまで追い込まなければなりません。

逆にいえば、スロトレは軽い負荷で短い時間のうちに筋肉を追い込むことができるということ。筋肉にとってスロトレは非常にきついものなのです。ただし、高負荷の筋トレのような息が切れるきつさとは違っています。

スロトレが軽い負荷と短い時間で筋肉を太くすることができるのは、いわば加圧トレーニングと同じ効果があるからです。加圧トレーニングは血流を制限することで、軽い負荷と短い時間で筋肉を太くするメソッドになります。

スロトレは器具を使わない加圧トレ

そもそも筋肉には、血液のポンプ機能があります。力を入れたり緩めたりすることで、筋肉中の血管に圧迫と弛緩という刺激が加わって、血液をポンプのように送り出しているのです。

加圧トレーニングは、手や足の付け根に専用ベルトで圧力を加え、筋肉中の血液を抑制した状態で筋トレするメソッド。筋肉をあえて酸素不足の状態にすることで、筋肉に高い負荷がかかったように錯覚させるトレーニング法です。

スロトレは軽い負荷で動作をゆっくり行うために、ずっと筋肉に力が入ったまま。血管が圧迫され続けて血流が制限されます。スロトレは何の器具を使うことなく、この加圧トレーニングの効果を得ることができるのです。

■「スロトレ」おすすめ記事
筋肉痛が少なくても超回復するのが「スロトレ」
スロトレはシニア世代にピッタリなトレーニング
スロトレのスクワットは中腰で伸ばし切らない
スロトレのニートゥチェストは大腰筋を意識する

■「トレーニング」おすすめ記事
免疫力を上げる「腹式呼吸」のトレーニング
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
ほうれい線対策なら「ほほ筋トレーニング」
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事