ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ストレートネックの症状と固くなった筋膜の関係

いま、とんでもなくガンコな筋膜のシワを作ってしまう人が急増しています。その原因の1つはスマートフォンなどを使うときの姿勢が原因でおこるストレートネックです。首や肩の周辺にとんでもない異変を引き起こすことがあります。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ストレートネックの症状と固くなった筋膜の関係

ストレートネックの症状を引き起こす

ツラい肩こりに悩んできた女性は、痛みがひどくなってきたなと感じたのは3~4年前だとか。姿勢を保つのが困難なぐらいの痛みを感じて、病院へ行ったといいます。診察を受けた女性は驚愕の事実を知らされました。

なんと首の骨が変形してしまっていたのです。本来、首の骨はゆるやかに前方に湾曲しているもの。ところが女性の首はまっすぐ。ストレートネックと呼ばれる症状だったのです。

電子部品メーカーで働く女性は、仕事中はずっと前かがみ。しかも、休み時間もスマホを抱えてやはり前かがみの姿勢です。いったいなぜこの姿勢が、肩こりやストレートネックの症状を引き起こすのでしょう?

ストレートネックの症状は筋膜による

ストレートネックの症状が引き起こされるのは、頭の付け根の後頭下筋群ががんばらなくてはいけなくなってしまうからです。パソコン作業やスマホを操作するときの姿勢は、後頭部付近の筋肉に負担をかけて硬直します。

すると、硬直した部分がひっかかるためあごを引くのを難しくなり、あごが上がった状態になるのです。この状態で正面を見ようとするとき、首全体を前に曲げる癖がついてしまいます。

その結果、おこるのがストレートネックの症状。あごが前に出て頭の重さが前方にかかってしまうため、それを支えようとする首の後ろの筋肉が常に緊張。首から肩にかけての筋膜が固くなって、コリがだんだん強くなるのです。

■「ストレートネック」おすすめ記事
ストレートネックをストレッチで改善する方法
腰痛を予防するスマートフォンの使い方とは
ストレートネックをタオル枕で改善する方法

■「筋膜」おすすめ記事
筋膜のシワがほぐれてもすぐにこる肩こりの原因
筋膜リリース効果で上がらなかい首が上を向いた
肩こり治療が根本的に変わった筋膜という概念
筋膜リリースのやり方は圧をかけた後に伸ばす
筋膜リリースのやり方は気持ちいい力加減が大切
筋膜リリースのやり方をマスターして肩こり治療

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事