ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

夏バテ予防に寝るときはエアコンつけて窓開けて

夏バテ予防には、寝汗をかかないことが重要です。眠っている間に寝汗をかいているということは、脳が一生懸命、命令を出して汗をかこうとしているということ。脳が休んでいない証拠です。それが夏バテの原因になってしまいます。『ジョブチューン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
夏バテ予防に寝るときはエアコンつけて窓開けて

夏バテ予防に睡眠の質を上げる

夏バテ予防には、暑い夜はエアコンを朝までつけっぱなしが基本。25~26度という、ちょっと涼しめくらい設定にしたうえで、少し窓を開けて寝るのです。外から自然のそよ風が入ってきて、温度や湿度が多少ゆらぎます。

じつは、このゆらぎが睡眠の質を上げるポイント。風量を変える扇風機もありますが、そよ風は回転数や強さだけでなく温度も変えるのがポイントです。睡眠の質が上がれば疲労も回復。夏バテが予防できるというわけです。

夏バテの原因の1つとして、紫外線があります。紫外線が目に入ると体中で活性酸素が発生して、体中が戦闘態勢のような状況になるのです。結果的に、疲れてしまいます。

夏バテ予防にサングラスをかける

このため夏バテ予防には、サングラスをかけることが有効。マラソン選手がサングラスをかけているのも、まぶしいからとかカッコつけたいわけではありません。疲労を減らしてよい成績を出すためなのです。

夏バテ予防の飲み物なら甘酒がおすすめ。甘酒というと冬のイメージがありますが、俳句でいうと甘酒は夏の季語です。夏バテ予防として、江戸時代からずっと飲まれています。

甘酒には、自分の体の中では作れないアミノ酸が非常にバランスよく含まれているのです。これを摂取しておくと、夏バテ予防になります。

■「夏バテ予防」おすすめ記事
夏バテ予防にはナイトキャップをかぶって寝る
夏バテ予防の食べ物は朝カレーとウナギの白焼き
夏バテ予防は疲れを帽子で防いで甘酒で即効回復

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事