ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

マラセチア毛包炎とは顔カビが原因の体ニキビ

頭や顔にはマラセチアというカビが生息しています。このマラセチアは、私たちの皮膚に住み着いている唯一のカビ。暑い季節になると皮脂の量が増えることで、人の脂を好むマラセチアも増殖。じつは体にできるニキビは、この菌が原因のマラセチア毛包炎なのでした。



スポンサーリンク
マラセチア毛包炎とは顔カビが原因の体ニキビ

体ニキビはマラセチア毛包炎

ニキビといえば、アクネ菌という認識が一般的。しかし、体にできるニキビはマラセチアによって引き起こされることが多くあります。

マラセチアが原因の体ニキビは、アクネ菌のニキビと比較するとあまりかゆみや痛みを伴いません。正式な病名はマラセチア毛包炎といいます。

マラセチアは毛穴に住んでいるカビ菌。どんなにがんばって洗っても無菌にはできません。洗い過ぎるとかえって皮膚のバリアを破壊し、肌荒れなどのトラブルを招くことにもなるのです。

マラセチア毛包炎の予防法は?

それでは、マラセチア毛包炎はどうすれば予防できるのでしょう? マラセチアは皮脂と湿気を好むので、身体を清潔に保つことが予防法。カロリーの摂り過ぎや偏った食事は、皮脂の増加につながります。また、汗をかいたらなるべく早めにシャワーを浴びるのも効果的です。

とくに、オイリー肌で皮脂分泌が多い方は要注意。マラセチア毛包炎かもと思ったら、迷わず皮膚科を受診しましょう。アクネ菌のニキビと違って、マラセチア毛包炎は自然治癒の可能性が低いからです。

その代わり、医療機関で治療を行えば治りやすいのもマラセチア毛包炎の特徴。抗真菌薬を1~2か月塗布すると多くの場合、症状は改善されます。なお、アクネ菌のニキビに効くとされている塗り薬などは、マラセチア毛包炎にはまったく効果がありません。

■「マラセチア毛包炎」おすすめ記事
マラセチア毛包炎にニキビ薬を塗ると大増殖する
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった

■「ニキビ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事