ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

マラセチア毛包炎にニキビ薬を塗ると大増殖する

背中ニキビのほとんどはニキビではありません。その多くは「マラセチア毛包炎」です。しかもマラセチア毛包炎は、ニキビの薬を塗ってしまうと大繁殖する厄介なもの。マラセチア毛包炎の見分け方と治療法を紹介しましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
マラセチア毛包炎にニキビ薬を塗ると大増殖する

マラセチア毛包炎はニキビの薬で悪化

背中や首周りにできたニキビのような吹き出物の犯人はマラセチア菌。ニキビの原因となるアクネ菌と同じように、毛穴の中で悪さをする菌です。アクネ菌と同じように、皮脂をエサにして増殖する性質を持っています。

吹き出物の名前はマラセチア毛包炎です。背中や首の周りにできる吹き出物は、ニキビではなくマラセチア毛包炎がほとんど。これは、アクネ菌は首から上に多く、マラセチア菌は首から下に多いためです。

マラセチア毛包炎にニキビの薬を塗ると、同じ毛穴に生息するアクネ菌が退治されてしまいます。これはマラセチア菌にとっては、同じ皮脂をエサとするライバルがいなくなった状態。マラセチア菌が大増殖して、さらにマラセチア毛包炎が悪化してしまいます。

マラセチア毛包炎はマラセチア菌が原因

マラセチア毛包炎とニキビの見分け方

マラセチア毛包炎とニキビは、発生する数で見分けます。ニキビの場合は、一度にできるのは2~3個程度。これに対してマラセチア毛包炎は、一気に10~20個できるのが特徴です。

マラセチア菌は真菌類といって、カビや酵母の仲間。このため、マラセチア毛包炎の治療には病院で処方される抗真菌薬とういうものを使用する必要があります。

マラセチア毛包炎の治療のポイントは、根気強く薬を使うことです。マラセチア毛包炎は治りづらい病気。少し症状がよくなっても再発の可能性があるため、数か月間は継続的に抗真菌薬を塗らなければなりません。


スポンサーリンク

マラセチア毛包炎が発症する時期

マラセチア毛包炎は、皮脂や湿気の多い場所を好む性質があります。とくにオイリー肌で皮脂の分泌量が多い人は要注意。肌を清潔に保つケアに気をつけるようにしましょう。

マラセチア毛包炎が発症する時期としては、暑くなって汗ばむ時期。男女を問わず10代から中年層まで幅広い年齢層で見られます。高温多湿の環境を避けるため、暑い時期はエアコンで温度・湿度を管理するとよいでしょう。

マラセチア菌はアクネ菌などと同様、日ごろから皮膚に住みついている常在菌。マラセチア毛苞炎の原因であるマラセチア菌は人に移るものではありません。

■「マラセチア毛包炎」おすすめ記事
マラセチア毛包炎とは顔カビが原因の体ニキビ
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった

■「ニキビ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事