ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ウォーキング効果でインナーマッスルを強化

シニア世代のウエストのたるみを解消する腹筋インナーマッスルは、ふだんの生活のなかで鍛えられます。なかでも、腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法はすぐに実践できて効果もバツグン。ウォーキング効果でインナーマッスルを強化しましょう。



スポンサーリンク
ウォーキング効果でインナーマッスル

ウォーキング効果で腹筋を鍛える

腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキングは、お腹をへこませた状態で姿勢よく歩く…というもの。簡単なように聞こえますが、正しい姿勢を心がけないとウォーキングの効果が出てきません。

【ウォーキング効果で腹筋強化】

  • 歩きながら息を吐いてお腹をへこます
  • 力を入れてお腹をキープしながら呼吸
  • 背筋にも力を入れて腹部を直立させる
  • 後ろ足で腰を押し出すようにして歩く

このウォーキング効果でインナーマッスルを強化するポイントは、頭の頂点から糸でつるされているイメージで、背筋を伸ばすこと。腹筋だけでなく背筋にも力を入れながら、あごを引くようにするとよいでしょう。

体幹のインナーマッスルを鍛える

ウォーキングの効果を上げる方法

慣れないうちは、このウォーキングは10秒くらいでも十分です。徐々に時間を30秒、1分…と伸ばしていきましょう。このウォーキング法を朝晩の通勤時などに5分も行えば、腹筋インナーマッスルはだいぶ鍛えられます。

オフィス内のちょっとした移動時に実践するのもよいかもしれません。大切なのは、腹筋インナーマッスルを意識する時間帯を増やすこと。ふだんの生活のすきま時間を有効に活用してください。

慣れてきたらウォーキングの効果を上げるために、わざと足場の悪い場所を選んで歩くのがオススメ。芝生や土、砂利道などの上を意識して歩くようにするのです。オフィス街などなら、点字ブロックなども効果があります。

足元の微妙なぐらつきが腹筋インナーマッスルに細かな刺激を与えてくれるので、より腹筋インナーマッスルに効果が出るウォーキングになるのです。

■「ウォーキング」おすすめ記事
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事