ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

免疫療法がオプジーボの登場で注目されている

皮膚がんの一種であるメラノーマは転移しやすいことが特徴。転移したメラノーマの治療はこれまで困難とされてきました。そこで登場したのが、がん免疫療法のオプシーボです。これまでとは違うアプローチでがんを治療する、がん免疫療法を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
免疫療法が注目されている

がん免疫療法は免疫の反応を高める

がん細胞は正常な細胞との共通点が多いため、がん細胞への免疫の反応はあまり強くはありません。そこで、がん細胞に対する免疫の反応を高めて治療するのが「がん免疫療法」です。複雑な免疫システムのどの部分をどう強めるかによって、さまざまな種類があります。

「遺伝子改変T細胞輸注療法」は、患者の体から取り出したT細胞を、がん細胞を標的とするように遺伝子操作。大量に増やして患者の体に戻すがん免疫療法です。抗がん剤の効かない白血病が治ったとの報告もあります。

「樹状細胞療法」は、未熟なT細胞に標的の特徴を伝える樹状細胞を利用するもの。樹状細胞の元になる細胞を患者から取り出し、がんの部品を与えて敵として覚え込ませてから、患者の体に戻すがん免疫療法です。

がん免疫療法は進行がんも治る可能性

このほかのがん免疫療法では、がん細胞が特徴的に持つたんぱく質の一部を体に入れて免疫を刺激する「がんペプチドワクチン」なども研究されています。

免疫に関わる細胞は、体の隅々に入っていけることが特徴です。そのため、がん免疫療法は、手術で取り切れなかったがん細胞も死滅させ、進行がんも治る可能性があると期待されています。

しかし、がん免疫療法で効果が確かめられたのは、いまのところオプジーボなどごく一部。効果がはっきりしていないのに、高い効果をうたった免疫療法が自由診療で行われ、患者が高額な費用を支払っているケースもあります。専門医としっかり相談して、効果を裏付ける科学的な根拠がない治療法は信用しないようにしなければなりません。

■「オプジーボ」おすすめ記事
オプジーボの登場で変わるメラノーマの生存率
オプジーボは副作用に要注意!免疫過剰の危険性
メラノーマ治療の画期的な新薬「オプジーボ」
オプジーボで転移した悪性黒色腫が治る可能性
オプジーボによるメラノーマ治療で重症筋無力症

■「免疫療法」おすすめ記事
半数に効果!がんの新しい「免疫療法」申請

■「メラノーマ」おすすめ記事
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

■「皮膚がん」おすすめ記事
ほくろは癌になる?ならない?本当はどっち?
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事