ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

心疾患の異常が左肩の痛みに現れるメカニズム

心疾患の異常はときとして、左肩の痛みとして現れます。もんでも治らない肩こりだと思っていたら、狭心症や心筋梗塞のサインだったというのはよくある話。心疾患の異常が左肩の痛みに現れるメカニズムを詳しく見ていきましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
心疾患の異常が左肩の痛みに現れるメカニズム

心疾患は普通は胸が痛いと感じる

狭心症や心筋梗塞などの心疾患の場合、通常は胸が痛いと感じます。ただし、胸の痛みを感じる神経と肩や腕の痛みを感じる神経、とくに左肩の神経は、非常に近いところを走行しているのです。

このため混信してしまい、本来は心疾患で胸が痛いはずなのに、脳が肩とか腕が痛いと錯覚してしまうというわけ。こういった、本来の症状とは別の場所に出る痛みのことを放散痛といいます。

基本的には大原則があって、心臓も含めて内臓は感覚が別で、とてもアバウトにできているものです。腸にガスが溜まって痛いときも場所は特定できないもの。また、食べ物がどこを通過しているかを人間は感じることができません。

心疾患で歯に痛みが出るケース

内臓はそれを包んでいる膜には神経があります。胸郭や心臓であれば心嚢といった膜です。一方、血管に配置している神経は痛みを感じるもの。血管が痙攣をおこしたり詰まったりするとすごい痛みを発します。

人間の感覚で本当に鋭いのは舌の先と指の先だけ。舌はどんなに細い骨でもわかりますし、指は細かい点字が読めます。ほかの部分は、意外にも適当なセンサーしかないものなのです。

だから、心疾患で左肩や首やあごなどに痛みが出る場合があるというわけ。歯の痛みというのも結構多いケースで、その場合は奥歯であることがほとんどです。前歯が痛いとか上の歯が痛いという人はほとんどいません。

■「心疾患」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!

■「左肩の痛み」おすすめ記事
左肩が痛いのは心筋梗塞のサインかもしれない
左肩の痛みは心臓でおきている狭心症が原因かも

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。