ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

心筋梗塞の前兆があるグルメリポーターの食生活

ポッチャリ系グルメリポーターに心筋梗塞の前兆が発見されました。健康診断のBMIの数値は明らかな肥満。BMIが高いとそれだけでリスクが高くなる、まさに心筋梗塞の前兆です。心筋梗塞の危機が迫るグルメリポーターの食生活を見ていきます。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
心筋梗塞の前兆があるグルメリポーターの食生活

デビュー当時から体重は2倍になった

彦摩呂さんが、アイドルグループ「幕末塾」のメンバーとしてデビューしたのは20年以上前。当時の体重は50kgでした。そして現在、その体重は103kg、25年で体重は2倍になっていました。

そんな彦摩呂さんの朝食は午後1時。「鮭のホイル焼き」に「豚汁」「納豆」「生卵」「冷奴」「明太子」と「ゴハン」。カロリーは「合計820kcal」です。

その日は仕事でグルメリポート。メニューは「あさりご飯」「たこ焼き」「にぎり寿司」「ネバネバ丼」でした。午前0時、ロケで食事をしてきたので、夜食は質素とのこと。「ゴハン」に「シラス」、「イカ明太」に「生卵」「納豆」です。いずれにしても、食べすぎなのは間違いありません。

心筋梗塞の前兆ともいえるBMI数値

そんな彦摩呂さんの「BMI」は「34.8」という数値。BMIは身長と体重から割り出される肥満度を表す体格指標です。標準が「18.5~25」、肥満が「25以上」ですから「明らかな肥満」といえます。

とはいえ、検査結果で出てきたコレステロール「144mg/dl」と中性脂肪「136mg/dl」というのは、それぞれ基準値「130~240mg/dl」と「35~150mg/dl」の範囲内でした。本人いわく「すごく元気なんです」とのことです。

しかし、BMIが高いとそれだけで心筋梗塞をおこすリスクが高いもの。心筋梗塞の前兆といっても過言ではありません。突然、心筋梗塞が襲ってくる可能性が高いので、体重を90kg台に落とすことが重要です。本人も「10~15kgは落としたい」と話していました。

■「心筋梗塞」おすすめ記事
正常なコレステロール値でも「心筋梗塞」に
死亡率3倍!「無痛性心筋梗塞」の見分け方
瞬間死となる「心筋梗塞」を見分けるサイン
冷や汗の原因が不明なら無痛性心筋梗塞かも
心筋梗塞の原因をアキレス腱の太さでチェック

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事