ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

心筋梗塞の原因をアキレス腱の太さでチェック

アキレス腱が太いと心筋梗塞になる可能性が高いのをご存じですか? 通常よりも心臓病のリスクが13倍も高いといいます。心筋梗塞の原因をアキレス腱の太さでチェックできるのです。その理由を詳しく見ていきましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
心筋梗塞の原因をアキレス腱でチェック

心筋梗塞の原因はコレステロール

心筋梗塞の原因ともなるコレステロールは、血管の壁にできた小さな傷や穴にどんどん溜まっていくもの。溜まったコレステロールが、最終的に血管をふさいでしまったり、詰まらせてしまいます。

そして、コレステロールが溜まる場所は血液中だけではありません。それが「アキレス腱」なのでした。アキレス腱は激しく伸縮する部位であるため、いつでも傷だらけ。血中コレステロール濃度が高いと、どんどんコレステロールが溜まっていくのです。

コレステロールが長い年月かけて溜まっていくと、見た目でもわかるほどアキレス腱は太くなります。つまり、アキレス腱が太いということは、コレステロール値がずっと高いということ。だからこそ、心筋梗塞になる可能性が高いのです。

心筋梗塞の原因をアキレス腱でわかる

このようにアキレス腱にコレステロールが溜まるのは「家族性高コレステロール血症」という病気。体質的にもともとLDLコレステロールの値が高い病気です。食事や運動に気をつけても値がなかなか下がりません。

日本での患者数は推定で30万~60万人です。心筋梗塞をおこす人の10%が、このタイプであることがわかっています。

それでは、実際に心筋梗塞の原因をアキレス腱でチェックする方法を紹介しましょう。アキレス腱は横から見たときに、弓なりに反っているのが正常。この病気の場合、ボコッと後ろに膨らんでいます。加えて、アキレス腱の厚さが2cm以上だと危険なサインです。

■「心筋梗塞」おすすめ記事
正常なコレステロール値でも「心筋梗塞」に
死亡率3倍!「無痛性心筋梗塞」の見分け方
瞬間死となる「心筋梗塞」を見分けるサイン
冷や汗の原因が不明なら無痛性心筋梗塞かも

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事