ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

納豆ダイエットは1日1パック食べるだけだった

食事制限だけのダイエットが成功しない理由は、エネルギー不足と腸機能の低下に原因があります。そんなときは「納豆ダイエット」がおすすめ。納豆にはダイエットに役立つ栄養がまんべんなく含まれています。納豆ダイエットなら1日1パックで健康的に痩せることができるのです。



スポンサーリンク
納豆ダイエットは1日1パック食べるだけだった

納豆ダイエットに食事の制限がない

食事制限だけのダイエットは失敗しがちなのは、タンパク質不足が原因。エネルギーを生み出す筋肉の元になるタンパク質を摂らないと、脂質は燃えないからです。食事制限で朝食を抜いたぶん、ランチにパスタやご飯を食べたりするのがその典型。明らかにタンパク質が不足していきます。

生野菜をたっぷり食べるダイエットも成功しません。サラダで野菜を摂ったつもりでも、圧倒的にビタミンやミネラル、食物繊維が不足。栄養バランスの悪さから、逆に太りやすくなってしまうのです。

そこで、おすすめは納豆ダイエット。納豆ダイエットに食事の制限はなく、ふだんの食事にプラスして納豆を1日1パック食べるだけの手軽なダイエット法です。これでダイエットに役立つ栄養をまんべんなく含む大豆を丸ごと食べられます。

納豆ダイエットで重要な栄養とは?

納豆ダイエットで重要な役割を果たす、納豆の栄養を見ていきましょう。納豆には大豆タンパク質はもちろん、糖や脂肪の燃焼に欠かせないビタミンB1やB2、代謝を活性化するマグネシウムなどの栄養がたっぷりです。年齢とともに低下しがちな代謝機能の維持を助けるイソフラボンも豊富。これが効率よくダイエットできる体質を作ってくれるのです。

腸内細菌のエサになったり腸のお掃除役を果たす食物繊維も納豆ダイエットでは効果を発揮。食物繊維は不溶性と水溶性がありますが、納豆はその両方を含んでいます。便のカサを増してくれるので、腸の動きを活性化して便秘を解消。ダイエット効果を高めます。

さらに、大豆タンパク質に含まれるβコングリシニンには内臓脂肪を減少させる効果があることが、近年の研究で明らかになったのです。ただし、このβコングリシニンは発酵の過程でその多くが分解されてしまいます。

納豆の中でも、糸引き納豆にはβコングリシニンを多く含有。豆乳や豆腐よりも、糸引き納豆の方がβコングリシニン量は多いのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。