ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ダイエット食材で一番向いているのは「お米」

ダイエット食材には「お米」が一番向いています。太る原因は脂質です。脂質は体内で燃えにくく、とりすぎれば脂肪に変わります。お米は体内で燃えやすいので、たくさんとってもすぐに消費されるのです。ダイエット食材にお米を食べて脂質を減らせば自然と痩せてくるでしょう。



スポンサーリンク
ダイエット食材で一番向いているのは「お米」

ダイエット食材にお米は向いている

「ダイエット食材」と「お米」という言葉を聞いて、まず思い浮かべるのが糖質制限ダイエットでしょう。糖質制限は、糖質を多く含む炭水化物などの食材の摂取を制限するダイエット法です。

たしかに糖質を減らしてカロリーを制限すれば、一時的に体重は減少するもの。しかし、糖質制限ダイエットはリバウンドする人が多いのも事実。糖質制限によって筋肉が痩せて代謝が悪くなり、肥満体質になる場合もあります。

そこで注目したいのが、お米をたくさん食べるダイエット方法。じつは、ご飯をしっかり食べていれば、お腹の内臓脂肪が減らすことができます。意外に知られていませんが、お米はダイエット食材に一番向いているのです。

ダイエット食材にお米を食べる割合

食材は同じカロリー量でも、栄養素によって体内での燃えやすさが違います。とくに脂質は体内で燃えにくく、とりすぎれば体内に脂肪がどんどんたまっていくのが特徴です。

逆に糖質は、体内で非常に燃えやすいので、たくさんとってもすぐに消費されます。このため、糖質をしっかり摂って食事に占める脂質の割合を減らすだけで、代謝がよくなって脂肪が燃えやすい体になるのです。

ダイエット食材にお米などの炭水化物を食べるなら、その理想的な栄養バランスは「炭水化物60%以上、たんぱく質15%、脂質20~25%」になります。じつはこの割合は国の食事摂取基準でもあります。


スポンサーリンク

ダイエット食材に向いている理由

そして炭水化物の中では、お米がダイエット食材に一番向いています。その理由は、お米が体内で燃えにくい脂質をわずか2%しか含んでいないこと。一方で食パンは脂質を15%も含んでいます。

うどんやラーメンなどの麺類は、パンよりさらに太りやすい食材。麺類はあまり噛まずに早食いになることが多く、食べすぎになりやすいからです。一方のお米は、噛む回数が麺類やパンなどよりも断然多くなります。

噛む回数が多くなると唾液が出やすくなって消化を促進。胃腸をグイグイと動かすことになるので、体の中から筋トレ効果が現れます。内臓脂肪の燃焼効果も期待できるのです。

健康的に痩せるダイエット食材

噛む回数が増えることで、満腹ホルモンのレプチンや成長ホルモンのパロチンが分泌されることも見逃せません。満腹のサインを送るレプチンは食べすぎを防いでくれますし、筋肉を増やしたり内臓を活性化するパロチンは代謝をグンとアップします。

また、お米に含まれる成分であるレジスタントスターチは便通の改善効果があります。これは、難消化性でんぷんとも呼ばれる食物繊維の一種。腸内細菌に対して好影響を与える効果があるのです。

お米はダイエットに最適な食材であるだけでなく、基本的な体力も高めてくれます。まさに健康的に痩せるダイエット食材なのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。