ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

お風呂ダイエットは食事前に40度で15分の入浴

お風呂ダイエットは食事前に40度で15分の入浴をするだけ。ぬるめのお湯だと胃腸の動きが活発になって食欲がわいてしまいます。食欲を抑えるベストの温度が、じつは40度なのです。『世界一受けたい授業』の「たった1度で大違い!最新入浴法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
お風呂ダイエットは食事前に40度で15分の入浴

お風呂ダイエットで食欲をセーブ

食事をしてすぐにお風呂に入ると、苦しいと感じたことはありませんか? これは私たちの体が食べたものを消化するために、胃や腸などに血液を集めているためにおこる現象です。

食後すぐにお風呂に入ると皮膚表面の血行がよくなってしまうため、胃や腸に集まっていた血液が全身に分散することになります。消化活動がスムーズに行かないため、苦しいと感じるわけです。

プロセスを利用して食欲をセーブするのがお風呂ダイエット。食前に入浴して皮膚の血行をよくしておくと、逆に胃腸の働きが抑えられます。それに最適な温度と時間が、40度で15分の入浴なのです。

1週間のお風呂ダイエットで900g減

お風呂ダイエットによる食前の入浴で、もっと食べたいという食欲がセーブされて食事量が減少。結果的にお風呂ダイエットが成功するというわけです。

実際、食前に40度で15分の入浴を1週間ほど実践。その結果、実践前には54.3kgだった体重が53.4kgに減少しました。

つまり、1週間のお風呂ダイエットで900g減を達成。食前の入浴で食欲が抑えられ、少しずつ体重が減っています。実践した当人も、ダイエットとしてはすごい楽チンとコメントしていました。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事